NHK Eテレ「他人の脳をハッキングできるか」

2018年

NHK Eテレで放送されている「モーガン・フリーマン 時空を超えて」

テーマは「他人の脳をハッキングできるか?」

番組紹介

公式ページを見ると、

「他人の心を読んだりコントロールできるか、読唇術・催眠術・脳波測定・光刺激をキーワードに考察する」

とある。

独り言

昨年放送されたときに見ていた筈だが思い返そうにも あまり内容が浮かんでこない。

記憶力は良い方だと自負しているが加齢のせいか、まだ思い出せない。

正直なところ私の興味は科学の中でも「宇宙」「物理」「化学」「人体医学」「心理学」で「生物学」については好奇心が湧かない。

なので初回放送を見ていた筈なのだが頭に入っていなかったのだろう。

なので以降は「他人の脳をハッキング」に関係しそうな私の趣味の写真絡みで戯言(たわごと)を書いてみようと思う。

脳の活動には神経細胞の結びつきと電気信号の伝達が有り その上で「脳波」が有るのは周知の事実である。

脳の表面を覆うように存在する大脳(新)皮質の最も外側に膜状に存在する生体磁気子(バイオマグネタイト)が存在し脳の活動と同期して電磁波が発生しているという研究結果が有る。

その電磁波は指紋のように個人ごとに違うという。

また歩く、手を振るなど体を動かすと電磁波を発することも分かっていて飼い犬などは飼い主の電磁波を感じて行動しているとも言われている。
(実際に体を動かさずイメージしただけでも動かした時と同じ電磁波が発するとの研究もある)

犬は臭いに敏感な事が分かっているが、飼い主が帰ってきたことを扉や建物越しに電磁波で感じ取る事によって飼い主が扉を開ける前にスタンバイしている。

犬を飼った事が有る人なら多少なりとも そういった経験が有ると思う。

私がここで言いたいのは、

「頭でイメージしただけで電磁波が出るならイメージするだけで映像を写し撮る事が可能になる時代が来るに違いない」

という事。

前段階として指紋認証やNFCの様にカメラに持ち主の電磁波を登録しておいてカメラを構えて向きを決め、撮りたいものをイメージすれば必要な部分にピントを合わせてカメラが撮ってくれる時代が来ると考える。

その先に前述したようなカメラすら必要なく目で見た映像を出力できる時代が来てもおかしくないと思う。

私が生きている間に出るかどうかは分からないが・・・欲しい。

脳波wifiなるものでカメラのキタムラでプリントできたりするのも・・・良い。

BLOG内リンク>「モーガン・フリーマン 時空を超えて」

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**