ダイエットのための漢方薬

2018年

脱腸の改善もしくは手術を受けられるようにするため始めたダイエット。

3月15日の通院で本当に必要かどうか怪しい状況になったが今までの摂取カロリーが4000kcal超と、いずれにせよダイエットを考えた方がよかったことを知る事が出来た。

なのでダイエットは継続する。


現在はツボ押し・食事制限から始め、次いで軽いウォーキング・週1日間断食(+週1日は我慢しないダイエット休息日)へと進み最終手段として漢方薬に手を出すことを考えている。

そこで後々のため漢方薬について調べてみた。

ちなみに現在私は夜間頻尿・ストレス耐性改善のために八味地黄丸半夏厚朴湯を服用している。

ダイエット効果が期待できる漢方薬を調べると4種類ぐらい候補が上がってくる。

一般的なものとしては大柴胡湯(だいさいことう)がある。

ただ私には防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)が向いているらしく市販薬で調べるとクラシエのコッコアポL錠

ただし服用するときには半夏厚朴湯を一時見合わせる方が良さそうだ。

半夏厚朴湯に含まれる成分の一つ生姜(しょうきょう)が効果を増大させすぎる可能性があるためだ。
防己黄耆湯を服用するときに一番気を付けた方がよい成分はカンゾウの様なので様子を見ながら半夏厚朴湯も服用していこうと思う)

他にも漢方成分で気を付けた方が、よいものに。

カッコン・タイソウ・マオウ・カンゾウ・ケイヒ・シャクヤク

がある。

まぁ一応、漢方薬に頼るのは採集手段と考えているのであくまでも後のために覚えておこうと思う。

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**