スコーピオン シーズン2ではウォルターとペイジが三角関係!?

2018年

BS258 Dlife(ディーライフ)で2018年10月5日(金)から海外ドラマ「スコーピオン」シーズン2が放送開始される。

物語はシーズン1最終話で自動車事故を起こしたウォルターが病院で治療リハビリをしているところから始まる。

今まで国土安全保障省の連絡担当だったガロ捜査官は解任されて一般人になり国からの信用を無くしたチームスコーピオンは開店休業状態。

でも・・・。

物語の主な登場人物

ウォルター・ブライエン

主人公でIQ197の天才。

感情は無駄なものと無視して問題解決に取り入れず物事を進めようとするがペイジの存在が少しずつそれを変えていく。

両親とも疎遠だが唯一姉のメーガンが間に入ってくれることで関係を保っている。

ただその姉のメーガンに対しても人間的な感情と言うよりは大事な機械の一つ的思いを持っている。

ペイジの息子のラルフの良き理解者で支援者、そして友人的な関係を築く。

トビー・カーティス

行動心理学の天才。

表情や身体動作から相手が秘密にしている事やこれからの言動を言い当てる。

この能力は監視モニター越しの人物の行動分析にも役に立ち問題解決の糸口を与える。

メカの天才ハッピー・クインが好きで度々言い寄り最終的には相思相愛になるが実はハッピーは既に結婚していた。

その相手はペイジやガロ捜査官やチームのメンバーがあっと驚く人物だった。

ハッピー・クイン

機械工学の天才。

機械工学の知識を生かして問題解決に役立つ便利アイテムを作り出す。

言い方がきつく相手の感情を無視して直接的な物言いをするため「きつい人」の印象が強い。

幼少期から里子として、また施設で育ったため人間不信。

だったが、実の親を探し出し話しをすることが出来、事情を知るに至り少し人付き合いができるようになる?

シルベスター・ドッド

天才数学者で愛称はスライ。

潔癖症・強迫性障害を持つが問題解決のためしばしば汚い物に触れざるを得ない役回り。

外に出る事が嫌い・嫌なため難題解決時はほとんどチームの本拠地であるガレージに残り通信機を通して問題解決のための数学的計算結果を伝える。

私生活では余命僅かな難病を抱えるウォルターの姉のメーガンに思いを寄せてついに結婚に至る。

以上4人が「スコーピオン」のメインスタッフ

ペイジ・ディニーン

平凡なウェイトレスから「スコーピオン」の外交担当兼おもり役。

人の気持ちを逆なでしがちな言動をするウォルターらに変わって外部とのやり取りををする。

チームのメンバーに対しては発達障害?実は天才!の息子ラルフが周囲と打ち解ける手助けをしてくれているので感謝している。

ウォルターに思いを寄せるが、恋愛まで発展しそうで・・・。

ラルフ・ディニーン

ペイジ・ディニーンの息子で小学生ではあるが大学生でもある天才。

シーズン1では学校でいじめられ人と滅多に話すことが無かったがシーズン2ではスコーピオンのメンバーたちと会話をし始める。

そして、時には問題解決の重大なアイデアをチームに提供するようになる。

もしかするとウォルター以上の天才かもしれない。

ケイブ・ガロ

国土安全保障省 特別捜査官。

チーム「スコーピオン」の一番の理解者。

シーズン1で一度は任を解かれるが第一話で復職。

以前は難事件を持ち込む役回りだったがシーズン2からはどちらかと言うとチームに加勢して一緒に事件を解決する。

ティモシー・アームストロング

愛称ティムで最終話近くに登場。

元は海軍特殊部隊隊員だったが極秘任務で相棒を失い本人も負傷。

そのため海軍特殊部隊から一時離れて国土安全保障省に入る事になる。

そしてケイブからの誘いでスコーピオンとの連絡担当としてチームに関わる。

イケメン・タフガイでペイジに思いを寄せるだけでなく、その思いを伝えて相思相愛に?

そこからウォルターとの微妙な三角関係が続くことになる。


チーム スコーピオンの活躍はテレビでニュースにもなり国民の多くが知る所となった。

そのため持ち込まれる問題は国家の安全にかかわることから個人的な事情まで。

難題が解決しそうになる度に新たな問題が次々と起こり解決は難しいと思えてくるがメンバーは諦めず挑む。

ドラマ スコーピオンはヒューマニズムの要素や若干のファンタジーを持った新展開アクションドラマだ。

シーズン1紹介記事

BLOG内関連リンク>BS258 Dlife(ディーライフ)

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**