BS12(ビーエストゥエルビ)で超ムーの世界R #13

BS12(ビーエストゥエルビ)で放送していた超ムーの世界が超ムーの世界Rにバージョンアップ。

放送は日曜日。

関連記事

公式ページ BS12超ムーの世界R

番組紹介

出演者はこれまで通りで以下の5人

MCはテレ東「やりすぎ都市伝説」のテラーでも御馴染の島田秀平

重鎮・超常現象研究家 並木伸一郎

サイキック芸人 キック

月刊ムー第五代編集長 三上丈晴

紅一点・TOCANA編集長 角由紀子

彼らは番組内で心霊・UMA・オカルト現象について無責任に語る。

放送は夜8時からの一時間。

前回#12記事

コンテンツ

心霊スーパー/関西の家電量販店

トカゲ男/リザードマンが激撮された!

UFOとの遭遇体験/UFOに連れ去られる女?

昆虫の不思議/昆虫=エイリアン?

オススメパワースポット/首賭けイチョウ

プラズマ生命体とUFO

予習

心霊スーパー/関西の家電量販店

1972年に起きたデパート火災は死者118人と未曾有の惨事になり未だに日本のビル火災としては最悪の事故とされている。

筆者は当時、テレビのニュースで事故の模様を見たのだが悲惨そのもの。

この当時はデパート・百貨店が全盛の時代で子供が楽しみにする行き先の筆頭だった。

だが、この事故後の数ヶ月は日本国中のデパートが閑散としてしまったのを記憶している。

今では、この場所には某家電量販店があるのだが、夜になると様々な怪現象が起きると言う。

また、この家電量販店に従事する人には御守りが支給されると聞くが肌身離さず持っていないと怪我をしたり事故に合うと言われている。

未ださまよう魂があるのだとしたら切に御冥福を祈りたい。

関連記事

NEVERまとめ 大阪なんば千日デパート火災にまつわる怖い話・・・

目次に戻る

昆虫の不思議/昆虫=エイリアン?

ネットで検索すると昆虫は宇宙からきたのではないかという記事が見られる。

その根拠は、

「生物は海から陸にあがって進化したが海には虫がいない」

「進化論に反して虫にはミッシングリンク(※1)がある。」

と言うもの。

※1:ウィキペディア ミッシングリンク

確かに海にはフナムシと言う生物がいるが、フナムシは足が6本より多く昆虫よりもエビ・カニなどの甲殻類の仲間。

生物進化の過程で途中をつなぐものが無い(化石が見つかっていない)と言う点では昆虫にはミッシングリンクがある。

ただ筆者としてはいずれの点にも異論がある。

昆虫は甲殻類から進化したと言う説があるからだ。

特に水中で生息するミジンコなどが昆虫の起源の一つとする説がある点は否めない。

また、ミッシングリンクに関しても人類の祖先についても存在する。

昔の教科書ではジャワ原人>北京原人>ネアンデルタール人>クロマニヨン人>人類と進化の過程を示していた。

だが最近の研究ではジャワ原人も北京原人やネアンデルタール人も人類やクロマニヨン人と祖先は一緒でも進化の過程で枝分かれした別の種であるとされている。

他の生物についても同様でミッシングリンクは存在し昆虫に限った話ではない。

むしろ進化の過程で途中経過がなく、祖先から突然変異したものが今生きていると考えればミッシングリンクは存在する必要が無い。

もしくは化石として残る環境にない時代がかつて地球上に存在したのかもしれない。

いずれにせよ超ムーの世界Rでどのような説が飛び出すのか興味深い。

目次に戻る

オススメパワースポット/首賭けイチョウ

東京都千代田区日比谷公園内のほぼ中央にある「首賭けイチョウ」

名前を聞いただけだとオドロオドロシク感じるが、由縁は多くの公園の設計者である本多静六(ほんだせいろく)博士が自身の首をかけて懇願し移植した巨木であるため。

現在の日比谷交差点にあったイチョウの巨木を伐採されようとしたのを日比谷公園の設計も手掛けた本多博士が頼み込んで今の場所まで450m移動させたと言われている。

余談

巨木を移植する労力には並々ならぬものがある。

その点を考えると「首賭けイチョウ」の存在は当時移植作業に関わった人たちの努力の結晶でもある。

イチョウだけでなく作業に関わった人たちに敬意を払うとともにパワーの恩恵にあずかりたいものだ。

よく巨木を切り倒すと工事に関わったものに不幸・事故が起きると言われる。

土木作業の経験がある筆者としてはこれは迷信だろう。

そして樹木というものは木の枝が伸びた分と同じだけ根っこも地中で伸びている。

地中には一般の人が思っているより色んなものが入っていて時にはコンクリートや鉄骨などや様々なゴミ類などがあったりする。

深く掘れば地下水が出たり、場合によってはガスも出る事がある。

また、近くに人口構造物がありそこまで根が伸びていると基礎や前述のコンクリートや鉄骨やらを巻きこんでいたりする。

それを取り除くのは大変な作業で工事関係者が少しでも楽をしたい。時間をかけたくないと思えば無理で危険な作業になる。

結果、事故や怪我が絶えない。

作業に入る前にお神酒を捧げたりお祓いをする事には大きな意味がある。

作業に関わる者の心を引き締め、無理な作業をしない・させないための心の支えとして有効だからだ。

目次に戻る

プラズマ生命体とUFO

プラズマと言えば物質の第四の形態。

物質は固体>液体>気体の過程を経て宇宙(地上の一部の場所)ではプラズマになる。

プラズマとは大雑把に言えば、

「分子や原子が電離(イオン化)し電離した電子とイオンの間で振動を繰り返す状態」

「一定のプラズマ空間の電気の総量は±0」

「プラズマ状態は宇宙の99%以上を占めていて地球上(大気内)の様にプラズマが少ない状態の方が稀」

そんな状態のものがはたして生命として機能できるのか疑問が残る。

生命をどう定義するかにもよるが、

「外部から物を取り入れて代謝し体を成長または維持する」

と考えるとプラズマ状態にあるものが何かを食べたり空気を取りこんで生きているという事を観察できるのだろうか。

余談

オーロラや炎は地上で見られるプラズマの一種。

また真空装置内でガスを高周波で電離させてプラズマを作り出し薄膜をつくったり物を削ったり事に用いられる事がある。

目次に戻る

超ムーの世界関連 BLOG内リンク>「超ムーの世界」

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**