BS12(ビーエストゥエルビ)で超ムーの世界R #12

2018年

BS12(ビーエストゥエルビ)で放送していた超ムーの世界が超ムーの世界Rにバージョンアップ。

放送は日曜日。

関連記事

公式ページ BS12超ムーの世界R

番組紹介

出演者はこれまで通りで以下の5人

MCはテレ東「やりすぎ都市伝説」のテラーでも御馴染の島田秀平

重鎮・超常現象研究家 並木伸一郎

サイキック芸人 キック

月刊ムー第五代編集長 三上丈晴

紅一点・TOCANA編集長 角由紀子

彼らは番組内で心霊・UMA・オカルト現象について無責任に語る。

放送は夜8時からの一時間。

前回#11記事

コンテンツ

東京オリンピック/新国立競技場の呪い

駅から消えた人たち

バミューダ・トライアングル

キリスト再降臨

透視で当てる/マインドレース

オススメパワースポット/しばられ地蔵

時間移動/モントーク・プロジェクト

太陽近傍に暗黒天体出現

予習

東京オリンピック/新国立競技場の呪い

過去には1964年の東京オリンピック。

そして今なら2020年に向かえる東京オリンピック。

2020年の東京オリンピック絡みでは新国立競技場の建設に関して二転三転し当初の予定地ではなくなったのは承知の事実。

その当初の予定地は元々徳川宗家所有の土地だった場所でそこには呪いがかかっていたため変更する憂き目にあったと言う説がある。

その発端は幻の東京オリンピックにある。

それは1940年に行われるはずだったオリンピック。

1924年に候補地として立候補し開催決定は1935年。

それが1931年・満州事変>1933年・日本の国際連盟脱退>1937年・日中戦争を鑑みて日本政府が中止を決定。

(その後、第二次世界大戦・太平洋戦争へと進み他の代替地での開催も中止になった)

この幻の東京オリンピックの大会組織委員長だったのが徳川宗家の第十六代当主だった徳川家達。

徳川家達は徳川慶喜が大政奉還しなければ第十六代徳川家将軍職に就く予定だった人物。

徳川家達は将軍職につけず、東京オリンピックの大会組織委員長もまっとうできなかった。

しかも幻の東京オリンピックの新国立競技場予定地は徳川家の所有していた土地を国に提供していた。

それが全て幻となり徳川家達は数々の功績を立てる機会を逸し、失意のまま1940年6月5日に急病のため世を去る。

(徳川家達はその他に東京市長(現東京都知事)や総理大臣になりかけるが周囲の反対で就任できなかった)

このときの徳川家達の無念(恨み)が呪いと化し2020年東京オリンピックの新国立競技場は建設される事が無かったと言われている。

関連記事

ウィキペディア 1940年東京オリンピック

目次に戻る

駅から消えた人たち

「駅のホームから誰かが電車に飛び込んだ」

「電車が駅に迫っているときに駅のホームから見える線路上を子供が歩いていた」

電車は緊急停止、そして駅員や警察が調べても人の痕跡が全くない。

そんな現象が数年に一度の割合で起きるという。

これには人の耳に聞こえない波長域である低周波が人の脳に影響し、幻を見させると言う説がある。

人の耳が聞こえる波長は20Hzから20,000Hz、それに対して10Hzなどの低周波は音ではなくもはや振動としてしかとらえられない。

そんな低周波が駅の構内では発生しやすいのだと言われている。

関連記事

NEVERまとめ 電車の人身事故で人が消えた!現場では心霊写真も!

余談

低周波が発生しやすいかどうか真偽のほどは定かでないが、駅構内では電磁波が起きやすいのは確か。

その電磁波の方が人の脳に与える影響は音と同じくらいに大きい。

人の脳に外部から高周波の電磁波を当てると幻を見ると言う実験結果が報告されている。

駅構内は電磁波のルツボの様なもの。

ある種の条件が重なった時に幻を見ることはありえない話しではない。

ちなみに電車を動かすためには電気を様々な状態に変えなければならない。

電力会社が送ってきた交流を電車会社では直流に変えたり、再び交流に変えたりする。

電車の中や駅のホームでも同じようなことが行われ [直流<>交流の変換(インバーター)] の際は必ず電磁波が発生する。

基本的に そういった電磁波はシールドによって漏れないように対処されている。

手落ちがあったり、メンテナンスにミスがあったり見落としがあれば漏れてしまうものだ。

目次に戻る

キリスト再降臨

その名前はシメオン・トコ。

アフリカ大陸のアンゴラがポルトガルの支配から独立を勝ち取ろうとしている時代に表われた不死身と言われた男。

ポルトガル政府から見ると目の上のタンコブだが、数々の奇跡を起こしアフリカ民族からは絶大な支持を受けていた。

そんなトコを三度暗殺しようと企てがあったが全て失敗に終わった。

TOCANAの関連記事によると、

1)軍用機にのせて海に放り出す計画が実行されたが海上を飛んでいるときに軍用機が空中で停止して動かなくなり乗員がパニックに、暗殺は未遂で終わった。

2)外科医師によって心臓を取り出されたにも関わらず、切り口が開いたまま起き上がり心臓を自らの手で戻した。

3)体を切り刻まれて袋詰めされたにも関わらず、鮫の餌にしようとしたら遺体を入れた袋が無い、なんとシメオン・トコは元の体に戻っていた。

真偽のほどは定かではないがシメオン・トコについての情報は少ない。

ただ、今のアンゴラは安定しつつあることから封印されてきた情報が出始めるのではないかと期待されている。

関連記事

TOCANA キリストは既に“黒人として”再臨していた!! 世界中のメディアがひた隠す奇跡の真実!

TOCANA 3回暗殺され、心臓をえぐり取られても死ななかった不死身男シメオン・トコ伝説!! 証拠写真も!?

目次に戻る

オススメパワースポット/しばられ地蔵

南町奉行 大岡越前の名裁きが由来となった「しばられ地蔵」

大岡越前は反物(たんもの)の大規模窃盗を見逃したと窃盗にあった店の脇に立っていた御地蔵さまを縄でグルグル巻きに縛り市中を引き回し奉行所へと運ばせた。

それを物珍しいと集まった野次馬を拘束、奉行所への乱入の罰として反物を納めさせた。

その納められた反物を調べると盗まれたものが混じっていた。

その盗まれた反物を納めた者たちを捕える事で大規模盗賊団を一網打尽にしたという話し。

そんな逸話の残る御地蔵さまが未だに紐で縛られたまま祀られている。

今でも御地蔵様を紐で縛って「諸願成就」、成就したら紐をほどくと言う習わしが続けられているという。

しばられ地蔵 関連情報

住所:東京都葛飾区東水元2-28-25

電話:03-3607-1758

交通:JR・京成 金町駅北口から徒歩で約15分

金町駅南口からバスで「戸ヶ崎操車場」行に乗車「しばられ地蔵」下車で徒歩約3分

関連記事

南蔵院 (しばられ地蔵)

目次に戻る

時間移動/モントーク・プロジェクト

映題「フィラデルフィア・エクスペリメント」で有名なモントーク・プロジェクト(フィラデルフィア計画)。

1943年の第二次世界大戦中に米国で駆逐艦エルドリッジを使ったレーダーに映らない (映りにくい) 様にするための装備実験の話し。

この実験の際にエルドリッジはレーダーどころか目視も出来なくなり、はては時空を超えて別の場所に表われ、再び元の場所に戻ったと言われている。

(ペンシルベニア州フィラデルフィア沖合から2,500km離れたバージニア州ノーフォークまで移動したと言う都市伝説がある)

そして戻ったエルドリッジには不幸があった。

乗組員の体の一部が船体にのめり込んでいたり、燃え尽きていたという。

関連記事

ウィキペディア フィラデルフィア実験

目次に戻る

太陽近傍に暗黒天体出現

2007年と2012年に木星ほどの大きさの天体が太陽表面近くに表われたとされる都市伝説。

都市伝説の中では実際に暗黒だったのか水星や金星の太陽面通過の際に見られる光度の違いによって黒く見えたのか定かではない。

(太陽表面温度は約6,000℃に対し太陽表面に現れる黒点は温度が4,000℃もあるが その温度差から相対的に黒く見える)

関連記事

TOCANA “母なる大地”地球の父親 — NASAが警戒する暗黒天体「ラジャ・サン」の正体

余談

本当に木星ほどの大きさの天体が太陽近くに表われたのならその重力によって少なからず太陽系全体に影響を及ぼしているはず。

事実、木星は太陽を摂動させるほどの影響を持っている。

本当の話しなら太陽が振り回され、その影響で水星や金星は太陽系から系外へ飛んでいき地球は系外に飛ばないまでも環境は激変するほどの天変地異がやってくるはず。

そこは「超ムーの世界」どんな理論が飛び出すのだろうか。

関連記事

ウィキペディア 摂動(天文学)

目次に戻る

超ムーの世界関連 BLOG内リンク>「超ムーの世界」

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**