BS Dlifeで10月から新ドラマ「スコーピオン」

2018年

BS258 Dlife(ディーライフ)で2017年10月6日(金)から海外ドラマ「スコーピオン」シーズン1が放送開始される。

予告はDlifeのCMとして流れていて放送開始時間については まだ正式にアナウンスされていない。

(本国でスコーピオンはシーズン3まで放送されている)

DlifeのCM上のキャッチコピーは、

「4人合わせてIQ700の天才チームが難事件に挑む」

映像では低高度を飛ぶジェット航空機の下にスポーツカーを滑り込ませて並走しようとしているシーンだけが紹介されている。

第一話予告

ロサンゼルス空港の通信システムがダウンして飛行機が着陸できなくなる。

国土安全保障省の特別捜査官ケイブ・ガロが対応。

過去に少々いわくのある主人公のウォルター・ブライエンに協力を求める事にする。

ウォルター・ブライエンはIQ197の天才で11歳の時に アイルランドからNASAをハッキング。

このハッキングがキッカケでケイブ・ガロに米国に連れてこられ政府への技術協力をする事に。

月日が経ち政府協力への嫌気から離れて行ったウォルター。

そんな彼も今は成人し天才三人と組んで会社「スコーピオン」を設立していた。

ただ仕事の依頼は無く開店休業だったところへケイブ・ガロが協力を依頼してくる。

飛行機を着陸させるため主人公のウォルター・ブライエンがスポーツカーを使った奇策で挑む。

物語の主な登場人物

ウォルター・ブライエン

主人公でIQ197の天才。

コンピューターの知識に長け どんな問題も解決策があると信じる。

理論的な正しさに元づいて行動するが それが人を傷つける事があり弱点でもある。

トビー・カーティス

行動心理学の天才

表情や身体動作から相手の考えを見抜く能力に優れる。

ギャンブル好きが難点。

ハッピー・クイン

機械工学の天才。

得意の機械工学の知識を生かして操作に役立つ便利アイテムを作り出す。

人間不信だが、トビー・カーティスに好意を持つようになる。

シルベスター・ドッド

天才数学者。

見たものを全て記憶する特殊能力を持つ。

潔癖症で強迫性障害を持つ。

以上4人が「スコーピオン」のメインスタッフ

ペイジ・ディニーン

「スコーピオン」渉外担当

交渉が苦手なウォルターらに変わって外部とのやり取りを受け持つ。

発達障害の息子ラルフを育てるがコミュニケーションが上手く取れず苦労する。

ウォルターたちは交渉役を手伝ってくれる代わりに息子ラルフとのコミュニケーションを手伝うが実は発達障害ではなく天才だと気づく。

ケイブ・ガロ

国土安全保障省 特別捜査官。

主人公のウォルターを11歳の時から知っている。

難事件が起きるとウォルター=「スコーピオン」に協力を依頼してくる。

役者のロバート・パトリックは映画ターミネーター2のT1000役、ドラマXファイル シーズン7・8でジョン・ドゲット特別捜査官役でも有名。


天才集団が難事件に挑みスリルとアクションを繰り広げる展開。

天才ゆえにチーム全員の行動が平均的人間社会に対して不完全。

素直に笑えると言うより「それは無いでしょ!」「空気読んでる?」と言った感じのコメディ要素がある。

外部との間を取り持つペイジと難題解決を依頼してくるケイブの演技も物語にアクセントを加えてくれる。

BLOG内関連リンク>BS258 Dlife(ディーライフ)

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**