写真

thamスイセン

12月に入ると多くの植物は休眠期に入る。

地上部も枯れて見えなくなるものが多い季節にパッと地上付近で明るく咲くスイセン。

そんな春を超えて初夏まで楽しめるスイセンを紹介。

目次

基本情報

...

写真

thamシャガ

アヤメの中でも花が小さく可憐に咲くシャガ。

だがアヤメの中でも花の模様は複雑で趣がある。

アヤメの仲間の中では珍しく茎が直立しないものが多い、少し影を好むシャガを紹介。

目次

基本情報

花 ...

写真

thamオキザリス

秋の寒くなり始める前後から咲き始め、翌年の初夏まで花が楽しめるオキザリス。

この花はカタバミ科の植物で生育旺盛で雑草のように育ち、花びらの艶が有って美しい。

そのため別名がハナカタバミと言う。

そん ...

写真

thamカルミア

カルミアはツツジ科の花の中でもドウダンやアセビの様に小さくなく、ツツジやシャクナゲの様に大きくない中間的なサイズの花を咲かせる。

カルミアの名前は北米で花を採取したスウェーデン人の植物学者のカルム(P.kalm 1715- ...

写真

thamハナカイドウ

ハナカイドウは桜が咲き終わるかどうかの頃に開花するバラ科の花。

花の色は紅色が目立つが、よく見ると白い花びらを濃い桃色が縁取っている。

また桜と同様に花柄(サクランボのつると同じもの)があって桜よりも長い。

撮影法

キャッチ

デジタル一眼でマクロレンズを使い花をクローズアップで撮る。

花を撮影する者なら誰でも撮ってみたいシーンだろう。

マクロレンズを通してみる世界は肉眼で見る世界とは趣を異にする。

そして新しい発見と感動 ...

撮影法

キャッチ

デジタル一眼で花を撮る人にお勧めしたい撮影法の一つが『多重露光(露出)でソフトフォーカス』

花を柔らかいイメージで撮りたい時に使いたい方法で、普通はソフトフィルターやソフトフォーカスレンズを使って撮るものをカメラの機能を応 ...

写真

thamカリステモン

カリステモンの語源はギリシャ語の美しいを意味する「kallos」とオシベを意味する「stemon」に由来する。

和名は「金宝樹(キンポウジュ)」でフトモモ科の樹。

和名の由来は推測だがオシベの先端が黄色で一見金 ...

写真

キャッチ

ユキヤナギの「狂い咲き」を撮った。

昨日、よく行く都市公園で野鳥撮影の合間に撮ったものだ。

ユキヤナギはいつもなら桜(染井吉野)が咲く前後に開花するバラ科の小さな可憐な花。

株立ちだが分類上は耐寒性 ...

写真

thamミソハギ

写真は8月の山梨県の清里で撮ったもの。

ミソハギは雑草の間を縫うように力強く咲いていて、目を引く赤紫の小さな花をたくさん咲かせていた。

撮影当初は花の名前が分からなかったが、最近知るに至りミソハギについてまとめ ...

写真

thamガザニア

最近 名前を知るに至ったガザニア。

キクの花の中では豪華さを感じさせる花を咲かせてくれる。

以前は家族が花壇で育てていたが、最近手入れが行き届かなくなりいつの間にか見えなくなってしまった。

今回は機 ...

写真

thamウンラン

長い間、名前を知ることができずブログにアップできていなかった花の名前がマツバウンランであると知ることができた。

和名は「松葉海蘭」で葉っぱが針の様で松葉のように細長く、海辺近くでも蘭に似た花を咲かせるのが名前の由来の様だ。 ...

写真

thamアカバナユウゲショウ

アカバナユウゲショウは初夏から秋口までの間に道すがら見かける可憐な花。

最近まで その名前を知ることが出来なかったが ひょんなことで知ることができた。

アカバナユウゲショウは、雑草の中に紛れて咲いているが花はよ ...