ペルセウス座流星群、2018年の夏は8月12日深夜から13日未明がピーク

2018年

夏の星野(せいや)観望のお目当てと言えば多くの場合は天の川・夏の大三角。

そして、三大流星群の一つである「ペルセウス座流星群(流星雨)」

今年2018年の極大期(※1)は8月13日午前10時のようだ。

ただし、午前10時は当然ながら陽が昇り夜空を見ることはできない。

そのため12日深夜から13日の未明にかけてが予想される事実上の極大期に当たる。

今回は1年を通じて最も流星が見られる夏の夜空を彩るペルセウス座流星群について紹介。

※1:極大期 流星が最も多く見られる時間

目次

ペルセウス座

ペルセウス座以外で注目したい星野

ペルセウス座流星群

眺望に適した時間

星野観望の敵

用意する機材


ペルセウス座

ペルセウス座を見つけるなら、まず北極星カシオペア座おうし座を探すと良い。

そのためには8月の流星群の時期は北西から東の空が良く見えることが条件になる。

北極星からカシオペア座を通っておうし座を構成するプレアデス星団(和名:すばる)の途中にペルセウス座がある。

イメージとしてはプレアデス星団の背に乗っているという感じ。

[↓↓↓ペルセウス座は黄色い丸の当り]

ペルセウス座流星群用星野図

目次に戻る

ペルセウス座以外で注目したい星野

小学校の理科で学ぶ星・星座からピックアップすると「カシオペア座」「こぐま座」「おうし座」少し離れるが「こと座」「はくちょう座」「わし座」がある。

広角レンズで狙えば夏の大三角や天の川とともに流星を写し取れる。

またペルセウス座流星群に限らないが流星群は必ずしもペルセウス座の辺りだけに流れるわけではなく別の星座や方角にも流れる。

広い範囲を写している方が流星を写すチャンスが増えることになる。

例えば、高価な機材を用意しなくても28mmぐらいの広角レンズでカメラを三脚に据えてB(バルブ)モードにしリモートレリーズを使って固定撮影するだけでも出来上がった写真を楽しめるはず。

目次に戻る

ペルセウス座流星群

12日の夜9時半ごろから北東・北北東あたりから天頂にかけて開けた場所で、外灯などの人工光が周囲に無いような場所を探して観望出来ると、1時間当たり最大で30~70個前後の流れ星が見られる。

また、予想では12日深夜から13日にかけてが見頃となっているが7日から15日ころまでなら いつもの夜空よりも流星が多く見られる。

(予想が外れる場合も多々あるので12日深夜を見逃したからと言ってもがっかりすることはない)

2018年のこの時期は月が夜空に無い絶好の条件。

問題は当日の天候。

ただ不安要素は天気だけではない。

人工光などの光害が少ない場所を探し、北東から天頂にかけて開けた場所に居られたとしても、この時期の夜明けは4時半前後なので極大の時間を過ぎてすぐに薄明(※2)が始まる。

※2:薄明:夜明け前に空が明るくなり始める状態

写真を撮るなら広角気味のレンズを用いて天の川や周囲の風景もシルエット的にして一緒に写したいところ。

関連記事

流星電波観測国際プロジェクト ペルセウス座流星群

国立天文台 ペルセウス座流星群2018

ウィキペディア 光害

目次に戻る

眺望に適した時間

8月12日と言えばお盆を控えて夏休みという人も多いだろう。

さらに2018年の12日は日曜日に当たるので日付的な条件は比較的クリアしやすい。

ただし夏とは言え、この時間帯は一日の中でも一番冷え込みやすい。

真夏であっても観望する場所が標高1000mを超える場所だと十分な防寒対策と観望後の休息が取れるようにした方が良い。

事前にロケーションハンティングを行って撮影場所周辺の様子を確認しておいた方が良いだろう。

ペルセウス座周辺だけを望遠レンズで切り取る方法もあるが日周運動に合わせて長時間露出できるカメラを動かせるようにポータブル赤道儀(ポタ赤)や自動追尾式赤道儀などが無いと見栄えよく写すのは難しくなる。

(赤道儀を使うなら極軸望遠鏡付きの物を使い、観望場所は北極星が見える必要がある)

可能なら日中少しでも体を休めておいて12日夜9:00ごろから夜明けまで粘って撮りたい。

目次に戻る

星野観望の敵

夏前後の星野(せいや)撮影では冬のシーイングは抑えられるが、夏独特の結露と言う天敵が増える。

その他にも光害や夜間の寒さについても注意した方が良いポイントを解説。

結露

夏の夜の撮影はレンズやカメラの結露の恐れがある。

深めのレンズフードが使うだけでも対策になるが、一番好ましいのはレンズヒーターを使う事。

レンズヒーターが有れば冬の撮影時の天敵である凍結対策にも使えるので年間を通じた対策が出来る。

最近のレンズヒーターはモバイルバッテリーと接続して使える物が出回っている。

(バッテリー容量が10000mA/Hrのものなら だいたい5~6時間動かすことが出来る)

光害

年間を通じて対策が必要な天敵。

街明かりや外灯などの人工光の他に人工衛星の光りや航空機のライトがある。

また星野観望に慣れていない人にとって意外な光害は月明かり。

特に半月から満月が観望したい星の近くにあると邪魔になる。

星座早見盤や星座早見のソフトウェアなどを使って予め調べておきたい。

寒さ

一番対策すべきは観望者の寒さ対策。

体が、冷えて動きがままならなくなると何かと弊害が増える。

指先が思うように動かせずに真っ暗らに近い環境の中でメモリーカードやバッテリー交換をすると機材の破損や紛失のリスクが高くなる。

何より風邪をひいてしまうと馬鹿らしい。

一昼夜近く観望するつもりなら休憩できる座椅子やサマーベッド、寝袋やカイロなどを用意した方が良い。

いきなり暖かい環境から機材を取り出す、また その逆の行為も避けたい。

機械内に結露が起きると故障の原因になる。

やむを得ない場合はカメラバッグをワンクッションにして直接機材を暖かい場所から出し入れしない様にした方が良い。

また機材のバッテリーの消費は夜になって冷えると日中よりも速い。

バッテリーなどは冷えると速く電圧降下を起こすので予備を用意しポケットに入れておくなどして温めておいた方が良い。

タイムラプスや長時間露光で数時間単位で連続撮影するときはマメに残量をチェックしバッテリー残量が底をつくより前に交換してはポケットで温めるを繰り返した方が長時間使える。

レンズの他にカメラにタオルなどを巻き付けて寒さ対策するだけでもバッテリーの持ちは違ってくる。

シーイング[参考]

日本の冬は風が吹く。

特に上空を通る風がレンズの役割をはたしてしまい最悪の場合は像が歪んでしまう。

大きな天文台の最新鋭望遠鏡では大気の揺らぎをキャンセルする補償光学系などを搭載しシーイングの影響を抑えるなどの工夫をしている。

ただ、こればかりはアマチュア天文家には対策が難しい。

それでも対策はある。

1)口径が大きい(※1)レンズを使う。

ここでは開放F値がF1.4やF2といった明るいレンズではなく実際のレンズ前玉が幅広の物を指す。

2)山の中腹を観測場所に選ばない。

これは、山の頂上や麓よりも中腹上空の方が風が吹きやすいためであり必ずしも中腹が悪いと言うわけではない。

目次に戻る

用意する機材

用意するのは、

1)カメラ

2)レンズ

3)三脚

4)リモートレリーズ

5)明かり

以上の6点は最低限必要と考えた方が良い。

カメラ・レンズ

一般的なカメラ・レンズの組み合わせなら20mm~35mmの間でなるべく開放F値の明るいレンズがよい。

個人的にお勧めするなら単焦点のレンズで開放F値がF2.8、暗くてもF4くらいが望ましい。

三脚

流星群を撮るなら三脚は普通の三脚でも良いが、なるべく重くて がっちりした方が良い。

カメラはそこそこでも三脚にお金をかけた方が良いくらいだ。

真っ暗な環境での転倒は機材の破損・紛失のリスクが高まる。

どうしても軽い三脚を使わざるをえない場合は、三脚のなるべく下の方にストーンバッグを使うかタオルや紐を利用して重たいものをくくりつけるなど工夫をした方が良いだろう。

リモートレリーズ

基本的に星野撮影でシャッターを切るときはリモートレリーズを使う。

デジタル一眼(コンパクトデジカメの一部)ならカメラごとに別売りで用意されているはず。

タイムラプス撮影などでカメラで設定できる最長シャッターの30秒(機種によっては60秒)以内で1回当りの撮影を終わらせるなら不要とも思える。

でも、シャッターを切るときのアクションがシャッターが短いほどブレとして記録されてしまう。

いずれの撮影方法を用いるにしてもリモートレリーズはあった方が良いだろう。

明かり

最近では明るいLEDライトが安価に出回っている。

ただし、星野撮影する者のマナーとしてはライトに赤いセロハンを貼って使う事をお勧めする。

赤い光りは通常のカメラでは光害になりにくい。

自分だけでなく周囲に撮影している人がいる場合はなおさらで他人の迷惑にならない配慮もしたい。

その他

前述のレンズヒーターおよびモバイルバッテリーやカメラの予備バッテリー・メモリーカードの予備があった方が良い。

また、一晩中撮影する場合 特に後の編集を考えてRAWモードで撮影する場合などは予備バッテリーとメモリーカードの予備は必須とも言える。

[撮影条件例]

ISO感度はISO1600

絞りは開放F値から1/3段で良いので絞る

(例えば開放F2.8のレンズならF3.2、開放F4ならF4.5)

シャッターはバルブ(B)

平均1時間に25個見えるとしてシャッターを30秒~1分前後開けたままにするくらいがよい。

B(バルブ)モードにして、流れ星が流れたと思ったらシャッターを閉じるくらいでも写っているはず。

日周運動(地球の自転)で星や星座が流れても焦点距離20mm~35mmなら多少の味わいになる。

以上の条件は標高1000m前後で雲や霞が無い場合なので条件が悪い場合はISO感度を上げる、露出時間を長くするなど変える必要がある。

目次に戻る

余談

目視で見られる流星群(流星雨)で有名なモノには年間12種類ほどある。

その中でも「ペルセウス座流星群」は1時間あたりに見られる流れ星の数が時間辺り最大で50個前後と断然多い。

これは単純計算で1分に1回くらい見られる事を意味する。

今年、次に時間当たりの流れ星が多い流星群は12月14日頃の「ふたご座流星群」で1時間当り20~40個。

この時期だと空気も乾燥し視界がクリアだが、寒いし 乾燥と引き換えにシーイングによって特に風の強い日の望遠撮影にはコツや忍耐が必要になる。

その点 夏は比較的寒い思いをせずに済むので星野観望に慣れていない人でも見やすい。

ただし、観望する場所が標高の高い所なら前述の通り急激な気温の低下でレンズ・カメラ・ファインダーの結露が起きる確率は高くなり、念のため防寒対策も必要になる。

準備万端整えることで素晴らしい作品を得られることだろう。

目次に戻る

星野関連 BLOG内リンク>星・星野

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**