ムラサキツユクサ、初夏から夏にかけて咲くハートを持つ花

紫色の三弁花が目を引くムラサキツユクサ。

初夏に道すがらでも見かける強健な花。

一日花だが、たくさんの蕾をたたえ次々と開花する。

今回は初夏から梅雨を超えて長く楽しめるムラサキツユクサについて紹介。

ムラサキツユクサ

目次

基本情報

花言葉

育て方

特徴

撮り方

基本情報

分類:ツユクサ科・宿根多年草

別名:トラディスカンティア・トラディスカンチア

花の時期:5月~9月

花の色:紫・白・桃

草丈:30cm~90cm

花の大きさ:2cm~3cm

葉っぱ:細長く先が尖る、葉色は緑の他に黄緑色・縞目・緑茶や斑入りがある

日照 日向・半日陰

耐寒性 強い~やや強い

目次に戻る

花言葉

「密かな恋」

「尊厳」

「貴び」など

ムラサキツユクサ

目次に戻る

育て方

水はけと水持ちのバランスが良い土を好む。

用土には腐葉土を多めにすると良い。

強健で管理は花後に増えすぎた茎を狩り込むと良い。

増えすぎたら株分けする。

ムラサキツユクサ

目次に戻る

特徴

花びらは三枚で開花した外観は三角形をかたどる。

一本の茎の先端にたくさんの蕾を付け、花は一日草だが次々と開花するので長い期間花を楽しめる。

オシベの形はハート形をしててマクロレンズやコンパクトデジカメのマクロ(接写)機能で写すとその形がよく分かる。

ムラサキツユクサ

名前にムラサキを冠しているが花色には白や桃色もある。

ムラサキツユクサ

目次に戻る

撮り方

群生している様子を引き(広角、または望遠で離れて)で撮るのも良いが、前述の通りオシベがハート型をしている。

アップで撮るならオシベより周囲に伸びている毛の方にピントを合わせた方がよりハート形に撮れる。

ムラサキツユクサ

花は日当たりが良いところに咲いている事が多いのでシャッター速度は比較的速めに設定できる。

ムラサキツユクサ

ただ、風で揺れやすいので特にアップで撮るときは風が止んでから撮りたい。

ムラサキツユクサ

目次に戻る

花の図鑑目次へ花のしおり

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**