イカリソウ、初夏に涼しげな場所に咲く薬用植物

イカリソウは初夏に開花する4枚に分かれた花びらが船が海に下す錨に似たことが名前の由来。

そのユニークな花姿は園芸を楽しむ人だけでなく、写真家なら一度は撮ってみたい花の一つ。

今回は冷涼な場所に静かに咲くイカリソウについて紹介。

イカリソウ

目次

基本情報

花言葉

育て方

食用

特徴

撮り方

基本情報

分類:メギ科・宿根多年草

別名:インヨウカク・サンシキュウバソウ

花の時期:4月~5月

花の色:紫・白・緑

草丈:20cm~40cm

花の大きさ:2cm~5cm

葉っぱ:ハート形で3枚ずつ組になって開く

日照 半日陰・半湿地

耐寒性 強い

目次に戻る

花言葉

「あなたを放さない」

「君を放さない」

「あなたを捕まえる」など

イカリソウ

目次に戻る

育て方

寒さには強いが暑さに弱いので半日陰で育てる。

鉢植えなら日陰でも良いが春と秋には日の当たる場所に移した方が良い。

庭なら落葉樹の株元の影になる場所で育てると良い。

水持ちと水はけのバランスが良い土を好むので用土には腐葉土を多めに入れる。

水やりは地植えなら基本的に不要だが乾燥が長く続くときや鉢植えなら冬に地上部が枯れても水やりをする。

イカリソウ

目次に戻る

食用

若葉を衣を薄くして天ぷらに。

また良く茹でて水にさらし、和え物や酢の物に利用できる。

別名の淫羊雀(いんようかく)は滋養強壮の薬草としての呼び名で若葉や茎を集めて干し、茶材や薬用酒の材料とされている。

イカリソウ

目次に戻る

特徴

別名の三枝九葉草(さんしきゅうばそう)は三出複葉の姿を現している。

イカリソウの花は基本的に紫で、シロバナの種としてシロバナイカリソウやトキワイカリソウがある。

トキワイカリソウの常盤(トキワ)は常緑で冬場でも葉が残るため。

また淡い黄緑色の花を咲かせるキバナイカリソウがある。

野生のものは明るい雑木林や林縁の落葉樹の根元辺りに生えている。

目次に戻る

撮り方

草丈が低く花が下向きに咲くので平地で写す場合はチルト式液晶が付いたカメラが有利。

山などの斜面なら足場に注意をして花の下側からの方が写しやすい。

日陰や涼やかな場所を好んで咲くのでシャッターは必然的に遅くなる。

また、花や葉っぱの大きさや量に比較して茎が細いため少しの風でも揺れやすい。

ISO感度をできるだけ高めにして風が止むのを待って撮りたい。

三脚とリモートコード(レリーズ)があると撮影に有利。

アップで撮るなら花の中心と手前の錨(花びら)の中間から花の中心よりにピントを合わせて絞りはF11前後まで絞り込んで撮った方が仕上がりのイメージが良くなる。

イカリソウ

また、開きかけた蕾もアップで写すと面白い。

イカリソウ

目次に戻る

花の図鑑目次へ花のしおり

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**