エナガは、ぬいぐるみの様な愛くるしい小鳥

エナガはいつも群で行動し、森がある都市公園でも見ることが出来る。

尾羽が体と同じくらいの長さがあり、体の方は丸みを帯びて一見するとぬいぐるみの様。

日本で見られる小鳥の中では2番目くらいに軽く小さく見かけは とても愛くるしい。

今回は年間を通じて見られるエナガについて紹介。

目次

基本情報

名前の由来

模様

食べ物

生態・性格

エナガ

[基本情報]

名前:エナガ[柄長]

分類:スズメ目エナガ科エナガ属

全長:14cmでスズメより少しだけ小さい

生息範囲:留鳥として日本全国に分布している

生息場所:都市公園・山地(1000~1700m)や丘陵地の林・平地の草原・河川敷・湖沼の周辺など広範囲に生息

日本以外の生息範囲:留鳥としてユーラシア大陸 中緯度部と中近東のごく一部に生息

目次へ戻る

[名前の由来]

尾羽の長さが体と同じくらいあることが由来。

エナガ

目次へ戻る

[模様]

オス・メス同色

頭部から胸は白く、肩羽根はブドウ色。

尾羽は黒く真っ直ぐに伸び、外側が白い。

(繁殖期に尾羽の端が上に反り返ったものを見かけるが、これは巣の中で卵を温めた時に癖が付いたもの)

黒く太い眉班がありマブタは黄色い。

羽毛はぬいぐるみの毛の様にフワフワしたように見える。

北海道に生息する亜種のシマエナガは眉班が無く、頭全体が白い。

シマエナガの和名は「島柄長」で島は特定の地域に生息する事を意味する。

[エナガ成鳥]

エナガ

幼鳥は眉班から背にかけて黒っぽく、マブタは赤い。

[エナガ幼鳥]

目次へ戻る

[食べる物]

昆虫食だが樹液・木の実も食べる。

主に枝咲に止まって蜘蛛や虫を捕える。

葉先にいるアブラムシは低空飛行で捕らえたりする。

[エナガ若鳥]

目次へ戻る

[生態・性格]

「ジュルリッジュルリッ」「ヒリリリィッ」と特徴のある鳴き方をしながら移動する。

繁殖期以外は30羽ぐらいの群れで行動し、シジュウカラ・メジロ・ヤマガラなどと混群を組むことがある。

繁殖期はツガイで行動し営巣のため蜘蛛の巣・抜け落ちた羽毛・苔を集めて巣を作る。

繁殖期は野鳥の中でも速い方で早春に開始する。

年に2回繁殖することがあり、2回目の雛の世話を1回目の繁殖で生まれたものが行う事がある。

(この1回目に生まれたものをヘルパーと呼ぶ)

通常一つの巣から7羽から12羽ほどが巣立ち、巣立った直後に横に伸びた枝にずらりと並ぶ様子を見ることがある。

(俗に「エナガダンゴ」と言われる)

夏には大きな群れになり一度巣立ったものも集まって群で縄張りを持つ。

基本的に枝から枝へ飛び地上に降りることはめったにない。

(水浴びや抜け落ちた羽毛を集めるなどのとき地上に降りることがある)

[エナガ成鳥]

エナガ

[エナガ幼鳥]

合わせて読みたい記事

目次へ戻る

BLOG内『野鳥図鑑』>『野鳥のしおり』へ

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**