タヒバリはヒバリに似るがセキレイの仲間

冬になると田んぼ・河川や農耕地などで見かけるようになるタヒバリ。

ヒバリの名前はついているがセキレイの仲間。

色は地味で体が小さいタヒバリは、周囲に紛れ見つけるのが難しいが、周りにいる鳥に追い立てられる可哀想な鳥。

今回はそんなタヒバリについて紹介。

目次

基本情報

名前の由来

模様

食べ物

生態・性格

[基本情報]

名前:タヒバリ[田雲雀]

分類:スズメ目セキレイ科タヒバリ属

全長:16cm

生息範囲:冬鳥または、稀に漂鳥として北海道を除く全国に分布、北海道では春と秋に見かける。

生息場所:田んぼ・農耕地・河原、草地、湿地、干潟、海岸などの開けた場所

日本以外の生息範囲:留鳥としてヨーロッパの一部・ユーラシア大陸の中緯度の一部に、夏鳥として北米大陸の北の一部・ユーラシア大陸の北の一部に、夏鳥として北米大陸の南部・イラン周辺・東南アジアの一部・インド北西の一部に生息

タヒバリ

目次へ戻る

[名前の由来]

田んぼで見かけるヒバリ(雲雀)に似た鳥が名前の由来。

ただし、タヒバリの方は全体に少し色が浅く、ヒバリのオスに見られるトサカの様な冠羽を持たない。

タヒバリ

目次へ戻る

[模様]

オス・メス同色

冬羽は頭部から体上面が褐色で、不明瞭な白い眉班がある。

喉から体下面は白く、顎の線は黒い。

胸から脇にかけて明瞭な縦斑がある。

クチバシは黒く、基部は橙色。

夏羽は額から頭頂、体上面が灰色。

眉班から体下面にかけては淡い橙色。

背・胸から脇に黒い縦斑がある。

類似種のビンズイは夏鳥で薄暗い場所を好み体上面は緑色がかっている。

目次へ戻る

[食べる物]

植物食・昆虫食で主に地上を歩き回って採餌する。

冬は主に植物食で、夏に虫を食べる。

タヒバリ

目次へ戻る

[生態・性格]

警戒心が強く、人影を見つけると50mくらい離れていても飛んで逃げる。

驚いて飛んだとしても木の枝に止まることはめったにない。

1羽で行動することもあるが多くの場合は3羽程度の少数で移動し、夕方が近づくと小群になってねぐらに変える。

地面を歩くときはセキレイと同じ様に尾羽を上下に動かす。

体の大きさがセキレイたちよりも5cmほど小さいせいかセキレイと会うと追われる様子を見る。

鳴き声はツィ、ピィ・チィやツィツィツィと鳴きながら飛ぶ。

タヒバリ

田んぼの刈り取った稲の後や枯れた草が保護色になって見つける事が難しいが、あぜを乗り越えたり 小高い盛り上がった場所に上った時に見つけやすい。

前述の通り警戒心が強いので見つけても急に動かず後を向いた時や頭を持ち上げていない時にゆっくりと近づいた方が良いだろう。

目次へ戻る

BLOG内『野鳥図鑑』>『野鳥のしおり』へ

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**