ベニマシコはヨシ原をイチゴ色に染める小鳥

ベニマシコは、冬になると荒地に生える植物の種子を求めてやってくる小鳥。

オスは、イチゴ色の鮮やかな赤がを基調に白と黒の模様を身に纏っている。

クチバシがズングリと太く短いので顔つきも愛らしくみえる。

今回は、冬に見られる愛らしい鳥ベニマシコを紹介。

ベニマシコ

目次

基本情報

名前の由来

模様

食べ物

生態・性格

[基本情報]

名前:ベニマシコ[紅猿子]

分類:スズメ目アトリ科ベニマシコ属

全長:15cm

生息範囲:冬鳥・稀に漂鳥として本州より南に生息、北海道では夏鳥

生息場所:初夏から夏に河原や草原で繁殖し、冬期は農耕地・牧草地・アシ原で越冬する

日本以外の生息範囲:留鳥として中国北部と南部・ロシア南部と極東部・モンゴル周辺に、冬鳥として朝鮮半島と中国北西部に生息

ベニマシコ

目次へ戻る

[名前の由来]

マシコは「猿子」と書き、これはサルの顔が赤いところが語源になっている。

本種は特に紅色が鮮やかである事でベニマシコとなる。

目次へ戻る

[模様]

オス

冬羽は頭部・背・胸以下の体下面が淡い赤。

頭頂・頬・喉は淡い桃色。

背には黒い縦斑がある。

翼と尾羽は黒く、大雨覆い・中雨覆いの白斑が二本の翼帯となる。

尾羽は長く、外側は白い。

夏羽は、羽の赤色や桃色が濃くなる。

クチバシは銀色に見える。

ベニマシコ

メス

夏羽・冬羽ともに全体に褐色で、背・胸から腹にかけて黒い縦斑がある。

類似種のオオマシコは尾羽が短く、尾羽の外側は白くない。

ベニマシコ

目次へ戻る

[食べる物]

雑食性で植物食・昆虫食。

繁殖期は虫を食べるが、秋から冬は植物の実、特に種子を食べる。

ヨモギ・セイタカアワダチソウ・マツヨイグサなどの植生の安定しない荒れ地にはえる植物の種子を食べる。

種子を食べているときはクチバシの周りに食べかすをたくさんつけている事がある。

ベニマシコ

目次へ戻る

[生態・性格]

サエズリはフィーフィーと同じく冬鳥のウソに似るが、ウソよりも音量は低め。

他にもチリチッチョチッチョとさえずったり、ピッピッやピッポピッポと地鳴きする。

よく鳴くので見つけやすいが、警戒心は強く人影を見かけるとすぐに藪や草むらに逃げる。

越冬中は少数の群れで移動し一つの場所に長居をしない傾向がある。

クチバシはずんぐりとしていて短いが、実をついばんだままスリスリして皮を剥がすのにちょうどよい大きさと形の様だ。

止まりにくい柔らかい穂先に つかまって体を伸ばしたり、逆さにぶら下がって種子をついばむ。

ベニマシコ

目次へ戻る

BLOG内『野鳥図鑑』>『野鳥のしおり』へ

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**