キジは色鮮やかで大きな体の国鳥

桃太郎の昔話や国鳥で知られるキジだが、昔はかっこうの狩猟の対象だった。

狩猟用として北海道などでは放鳥している地域があるようだが、年々数を減らしていると見られる。

(今は狩猟期間に狩猟区域内でヤマドリと合わせて1日2羽まで、オスのみが対象となっている)

春には激しい縄張り争いをし その一つの行動として甲高く鳴く。

今回は、鮮やかな色彩を身に纏ったキジについて紹介。

関連記事

環境省 野生鳥獣の保護及び管理

キジ

目次

基本情報

名前の由来

模様

食べ物

生態・性格

[基本情報]

名前:キジ[雉]

分類:キジ目キジ科キジ属

全長:オス80cm・メス60cmでいずれもカラスより大きい

生息範囲:留鳥として北海道を除く日本の平地から山地(1000~1700m)に生息

(北海道では狩猟用に放鳥したものが見られる。)

生息場所:木がまばらに生える草原・農耕地・草地

日本以外の生息範囲:日本固有種

目次へ戻る

[名前の由来]

平安時代ごろから肉が美味で珍重され「延喜式(きぎし)」と言われ、それが由来。

キジ

目次へ戻る

[模様]

オス

顔にハート形を横にしたような形の裸出した赤い皮膚がある。

首から胸、体下面には光沢がある緑と紫色で、後頭に冠羽があり耳の様に見える。

肩羽根は黒と茶色で鱗状の模様。

尾羽は長く黒褐色の横斑がある。

目は黄色く瞳は黒い。

キジ

メス

全体に黄色味がある褐色で黒い斑模様がある。

尾羽は長めな方だがオスほどではなく、全長の大きな違いは ほとんどが尾羽の違い。

目は黒く、オスの様な冠羽はない。

目次へ戻る

[食べる物]

植物食、昆虫食で地面に落ちている植物の種子や虫の他に木の芽や実などを採食する。

採食中は尾羽を下げている事が多い。

(ただし、警戒しているときは尾羽を斜め上に持ち上げる)

キジ

目次へ戻る

[生態・性格]

春先になると「ケンケーン」と甲高く割と音量がある鳴き声を発し縄張りを主張する。

このとき勢いよく羽根を羽ばたかさせるドラミング(※1)という行動を取る。

繁殖期にオス同士が出会うと激しく羽ばたいて飛び上がり足を使って喧嘩する。

キジ

キジ

人影を見ると身を伏せる行動を取るが、辺りを警戒するため頭が見えている事がある。

逃げる時はまず、尾羽を斜めより上に持ち上げて速足もしくは、駆け足で逃げる。

草が茂っている場所では おとなしくしてやり過ごそうとするので、人がギリギリまで近づくと急に茂みから飛び出てくる。

(仲間のヤマドリも同様の行動を取る)

いよいよもって飛んで逃げる時は、翼を短めに羽ばたき、その後は翼を開いたままスーッと滑空するように飛んでいく。

視力はかなり良く、筆者の経験では150~200m離れた場所からレンズを向けても こちらの動きを察知しているふしがある。

キジ

キジが他の鳥と趣を異にするのは砂浴び行為で、体に付着した寄生虫や汚れを落とすため。

(他の鳥で砂浴びをするのはスズメくらい)

このキジの砂浴びは地面にポッコリとくぼみが出来るので狩猟者はこれを目印にすると言われる。

繁殖は一夫多妻制の様に見えるが実は多夫一婦制に近く、複数のメスがオスの縄張りの中に入っていきメスの方が伴侶を選ぶ。

優れたオスと複数のメスが繁殖することで、生き残ることに適した種を残そうという戦略の様だ。

※1:キジのドラミングはメスを呼び込む行為という意味で「母衣打(ほろう)ち」とも呼ばれる。

またキツツキの仲間が行う樹を突く行為もドラミングと呼ばれる。

目次へ戻る

BLOG内『野鳥図鑑』>『野鳥のしおり』へ

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**