トラツグミ、タシギと違ったフリフリダンス

トラツグミは関東では冬になると平地林、森や林のある都市公園にやってくる。

同じく冬にやってくるツグミ・シロハラ・アカハラらの仲間で落ち葉をかき分けガサゴソと餌を求めて動き回る。

トラツグミがツグミの仲間と趣を異にするのは体をゆすっての滑稽なダンス。

今回はダンスをする動画や写真を交えてトラツグミを紹介。

トラツグミ

目次

基本情報

名前の由来

模様

食べ物

生態・性格

[基本情報]

名前:トラツグミ[虎鶫]

分類:スズメ目ヒタキ科トラツグミ属

全長:30cmでムクドリとハトの中間サイズ

生息範囲:関東より西では漂鳥、北海道・東北地方では夏鳥として生息

(冷涼地・寒冷地でも稀に漂鳥として見られる)

生息場所:平地林・山地林

日本以外の生息範囲:留鳥としてフィリピンのほぼ全土・マレーシアの一部・パプアニューギニア・スリランカ・パプアニューギニア・インド南西部に、夏鳥として中国に生息

トラツグミ

目次へ戻る

[名前の由来]

トラのような模様のツグミであること。

繁殖期以外は ほとんど鳴かない。

ツグミの由来の方は、仲間のツグミが口をつぐんでいることが由来と言われる。

(その割には飛び跳ねながら「クワックワッ」となく様子を見かける)

トラツグミ

目次へ戻る

[模様]

オス・メス同色

頭部から体上面・尾筒は全体に黄色味のある褐色で黒い鱗模様がある。

この鱗模様は頭頂では細かく体上面では粗め。

体下面は白く、黒い三ヶ月状の斑がある。

足は肉色でクチバシは黒褐色。

目は大きく黒い。

トラツグミ

目次へ戻る

[食べる物]

植物食、昆虫・小動物食。

冬に落ち葉をかき分けて虫や好みを探したり、体をゆすってミミズなどをおびき出して捕える。

トラツグミ

目次へ戻る

[生態・性格]

初夏の繁殖期に入ると夜から明け方までの間、超高音と高音を繰り返す「ヒー フー ・ ヒ― フー」と5秒から10秒のスローテンポでさえずる。

周波数が違う音を繰り返すことからオスとメスが鳴きあっているのではないかとの説もあるが定かでない。

(この説のため「相鳴鳥(あいなきどり)」の別名がある。)

夜に鳴く事と悲しげで怪しい音から昔は伝説上の動物「鵺(ぬえ)」と間違われた。

繁殖期以外は単独行動が多い。

繁殖期は山地(1000~1700m)の広葉樹林だが、数は少なく局所的。

通常は平地林や山地林の少し薄暗い場所を好んで行動する。

また、危険を感じると近くの樹に上って長時間じっとする。

[YouTube]

[Powed by filmora]

余談

亜種にオオトラツグミとコトラツグミがいるが生息数と数が少なく希少。

オオトラツグミは鹿児島県奄美大島だけに生息し体長はトラツグミより僅かに大きい。

またトラツグミの尾羽の枚数は14枚だが、オオトラツグミのそれは12枚。

コトラツグミは沖縄県西表島で観測されたが近年の観測は見られない。

目次へ戻る

BLOG内『野鳥図鑑』>『野鳥のしおり』へ

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**