アオジは冬に町中の公園で見られる小鳥

冬になると樹が多い都市公園にやってくるアオジ。

名前には「青」の文字が入るが体の色は緑色。

(野鳥の名前で青が付く鳥はアオゲラ・アオバトなどあるが いずれも緑色を基調とした模様)

大きさはスズメとほぼ同じでホオジロの仲間で初夏のサエズリが美しい。

冬に見かける姿は、樹上よりも地上をトコトコ歩きながら餌を探す事が多い。

今回は、そんな愛らしい小鳥アオジについて紹介。

アオジ

目次

基本情報

名前の由来

模様

食べ物

生態・性格

[基本情報]

名前:アオジ[青鵐]

分類:スズメ目ホオジロ科ホオジロ属

全長:16cmで ほぼスズメ大

生息範囲:留鳥として東北・中部・信越地方に、夏鳥として北海道に、それ以外の日本全国では冬鳥または漂鳥として生息

生息場所:夏は草原・高原・農耕地など、冬は平地の林や河原

日本以外の生息範囲:夏鳥として中国や東南アジア北部に、冬鳥として当七時</a>中部付近に生息

アオジ

目次へ戻る

[名前の由来]

和名の「青鵐」の「鵐」はシトドと呼び、ホオジロの仲間全般を指す。

「青」は先の通り緑色を基調とした鳥は「アオ」と呼ぶ。

合わせてアオ・シトドが転じてアオジになった。

アオジ

目次へ戻る

[模様]

オス

夏羽の頭部が濃い緑灰色で、目の周囲は黒い。

(冬羽では頭部の色が淡くなり、目の周囲の黒味も浅くなる)

背から上尾筒にかけて茶褐色で、背に黒い縦斑がある。

喉から体下面は黄色、脇には黒い縦斑がある。

クチバシは上が黒くて、下側は肉色。

足も肉色をしている。

[オス]

アオジ

メス

夏羽は頭部が褐色で、黄色い頭央線と眉班がある。

冬羽は全体的に茶褐色になる。

(第一回冬羽の幼鳥のオスも同じ模様)

クチバシと足の色はオスと同じで上が黒くて、下側は肉色。

足も肉色をしている。

[メス]

アオジ

目次へ戻る

[食べる物]

主に地上で昆虫、植物の種子、蜘蛛類を採食する。

落ち葉をクチバシで避けながら餌を探すのでカサ・コソと音がする方を見ると見つけられるかもしれない。

(冬に平地林や都市公園で落ち葉をかき分けるツグミ・シロハラ・アカハラやキジバトの場合はガサ・ゴソと音がするので音の大きさ・違いを覚えておくと良い)

アオジ

目次へ戻る

[生態・性格]

繁殖期以外は少数の群れで行動することが多い。

そのため冬の平地林や都市公園では4羽以上の群れで行動する様子を見られる。

サエズリは春から初夏に聞くことが出来るが「チーチリリッーチーチチィチィー」とゆっくりしたテンポで遠くまで響くように甲高く鳴く。

冬の鳴き声や地鳴きは「チッチィ」または「ツィツィ」と短い。

ウグイスの笹鳴きに似るがウグイスは舌打ちをしている感じだが、アオジのそれは もう少し軽快。

アオジ

警戒心は強く、人影を見ると飛んで逃げる。

この警戒心が強いのが裏目に出て、周囲を人や動物が通ると驚いて近くの樹上に出てくることがある。

クマザサや腰高くらいの植え込みの中から地鳴きが聞こえたら、少し待っていると近くの樹の枝に移動してくれて撮影のチャンスが訪れるかもしれない。

関東や近畿より西で夏は標高1000m以上の山地(1000~1700m)辺りへ移動する。

ズミなどの低木の天辺や周辺より高いカラマツなどに止まってさえずる。

アオジは、さえずる場所をあまり変えないのでサエズリのポイントを見つけたらそっと観察することで同じ場所で見られる可能性が高い。

目次へ戻る

BLOG内『野鳥図鑑』>『野鳥のしおり』へ

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**