ユキヤナギの狂い咲き

2018年

ユキヤナギの「狂い咲き」

都市公園で野鳥撮影の合間に撮ったものだ。

ユキヤナギはいつもなら桜(染井吉野)が咲く前後に開花するバラ科の小さな可憐な花。

株立ちだが分類上は耐寒性落葉低木。

樹高は100cm~200cmほどまで成長する。

[↓↓↓5月に冷涼地で撮影したユキヤナギ]

ユキヤナギ

ユキヤナギ

花が咲くと枝が枝垂れて1cmあるかないかぐらいの小さな花が一斉に咲く。

梅や桜と同じバラ科なので花びらは5枚。

そんなユキヤナギが寒風吹きすさぶ12月の暮れに数輪咲いていた。

狂い咲き ユキヤナギ

狂い咲き ユキヤナギ

狂い咲き ユキヤナギ

狂い咲き ユキヤナギ

そんな季節外れに咲く花を「狂い咲き」と言う。

追申

最近BLOGでコメントさせて頂いている方の中にHAYASHI-NO-KOさんがいる。

HAYASHI-NO-KOさんのBLOGでもユキヤナギの狂い咲きが紹介されていたのが今回撮影に至ったキッカケ。

HAYASHI-NO-KOさんのBLOGを見ていなければ おそらく野鳥を探すことに没頭して狂い咲きに注目することはなかっただろう。

ちなみにHAYASHI-NO-KOさんはBLOG上で「狂い咲き」と言うより「返り咲き」と評している。

素晴らしい表現だ。

ユキヤナギに限らず季節外れに開花する花の生命力と努力をたたえる言葉だと思う。

ただ今回はHAYASHI-NO-KOさんの承諾を得ていないので「返り咲き」の表現は本文中では避ける事にした。

年末押し迫るこの時期にお伺いを立てるのも無礼と思い、とりあえず文面のみで御紹介した次第。

花関連 BLOG内リンク>

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**

写真

Posted by photofess