イソシギは磯よりも川が好き

2018年

イソシギは和名で磯鷸と書くが海よりも河川の河口から中流域で通年見られる。

シギの仲間は ほとんどが春と秋に日本を経由して渡りをする旅鳥。

ただ その中に会ってイソシギは ほぼ年間を通して見られる。

歩くときはセキレイなどと同様にお尻を上下に振りながら歩く。

イソシギ

今回は色・模様は地味だが愛嬌のある仕草をするイソシギを紹介。

目次

基本情報

名前の由来

模様

食べ物

生態・性格

[基本情報]

名前:イソシギ[磯鷸]

分類:チドリ目シギ科イソシギ属

全長:20cmでスズメより大きくムクドリより小さい、セキレイとほぼ同じ

生息範囲:九州から関東までは留鳥で関東より北では夏鳥。

生息地:河原・湖沼・海岸・河口などの水辺

日本以外の生息範囲:夏鳥としてユーラシア大陸中緯度・英国・スカンジナビア半島、冬鳥としてアフリカ中南部・インド・東南アジア南部・オーストラリア海岸付近

目次に戻る

[名前の由来]

シギの語源は羽音が繁繁しいことから「繁(シゲ)」が転じたとする説と、羽をシゴクことから「シゴキ」が転じた説などがある。

イソが付いた理由は定かではないが石がゴロゴロした場所や岩場を好む事からついたと思われる。

イソシギ

目次に戻る

[模様]

オス・メス同色

成鳥は体上面が褐色で、黒い横班がある。

過眼線・眉班・アイリング(目の周り)は白く、眼は黒い。

体下面は白く、胸の脇に食い込んで見えるのが似た鳥との見分けになる。

風切りの上部に白斑があり飛翔時に帯状に見えて目立つ。

幼鳥は体上面に淡い緑色が見える。

足は緑色がかった黄色。

イソシギ

余談

クサシギは生息域が重なり模様や色がほぼ同じだが、体下面の白が胸の脇に食い込んでいない。

またハマシギの冬羽に似るが、ハマシギの足は黒。

目次に戻る

[食べる物]

水辺を飛ぶハエやユスリカなどの昆虫、トビケラの幼虫などの水生昆虫や甲殻類を食べる。

食べる物を探すため河原や岩場、土手のコンクリート構造物などを歩き回りながらつつく。

また足が沈みきらない程度の水深が浅い水辺で水中を突きまわしながら餌になる虫などを探す。

イソシギ

目次に戻る

[生態・性格]

シギの仲間は大群で行動するがイソシギは基本的に単独で行動する。

つがいで行動するのは繁殖期だけ。

初夏に求愛行動としてオス・メスともに羽根を上に直立させながらダンスをするような仕草をする。

普段は歩きながら止まった時にお尻を上下に振る。

この行動は地面を軽く振動させることで虫を起こしている、または開けた場所にいることが多く天敵に襲われたとき相手の目をくらませるためと言われるが定かではない。

また同じく河川に生息するセキレイも尾羽を上下させるがイソシギの場合は足よりも後ろの体全体を使って上下させる。

イソシギ

警戒心は強くセキレイよりも離れた距離でも「ビーーー」と鳴きながら飛んで逃げる。

飛ぶときは水面すれすれで1mも無いくらいの距離感で直線的に飛ぶ。

イソシギ

羽ばたいていないのに100m前後を一気に飛ぶが、羽根の先端を細かく震わせながら飛んでいるという。

イソシギ

余談

生息域がほぼ同じクサシギは河原で背が低く茂った草むら・泥の混じった土・土手や田んぼのあぜ道を好んで生息する。

またお尻を上下させる行動は飛んで来て止まった直後にする事が多く、歩き回りながら上下するのは珍しい。

目次に戻る

野鳥・鳥関連 BLOG内リンク>野鳥・鳥

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**