しぶんぎ座流星雨(群)は年明け早々が狙い目?

2018年

しぶんぎ座流星群は例年1月4日前後が極大期を迎える流星群(雨)

来年2018年の1月4日の深夜4時前後には極大を迎え時間辺り45個の流星を眺望できる見込み。

ただ月が満月で「しぶんぎ座」より先行する状況らしく光害が懸念される。

観望状況は良くないのだが、それでも来年の地球上ではアジアが最も条件が良いと言われている。

天文台などの予測では1月3日の深夜0時辺りから流星群は増え始めると言う情報もあるので当日天候に恵まれることを祈りつつ情報を集めておきたいと思う。

目次

しぶんぎ座

しぶんぎ座周辺の星野

しぶんぎ座流星雨

眺望に適した時間

用意する機材


しぶんぎ座

あまり馴染みが少ない星座だと思うが「しぶんぎ座」の周囲にある星座の名前を聞けば夏の星座を知っている人なら「あぁあの辺り」と思い浮かぶかもしれない。

その星座は「りゅう座」・「ヘルクレス座」・「うしかい座」・「おおぐま座」・「こと座」

特におおぐま座は北斗七星を含めた星で構成されているので「しぶんぎ座」はおおよその場所の見当をつけるだけなら分かりやすいかもしれない。

[しぶんぎ座(黄色い丸の当り)]

しぶんぎ座

イメージとしては「こと座のベガ」と北斗七星の「柄の端に位置する星」を見つけて、その中間付近と思えばよいだろう。

ただし「こと座のベガ」は1月だと深夜4時を過ぎた頃に北東の地平線上にやっと顔をのぞかせる。

できれば「りゅう座」と「うしかい座」や「北斗七星」との位置関係を見分けられるようにしておけば良いだろう。


しぶんぎ座周辺の星野

小学校の理科で学ぶ星・星座からピックアップすると「おおくま座」「うしかい座」「こぐま座」「りゅう座」「ヘルクレス座」がある。

その他に辺りが暗く空気が澄んだ場所なら「かんむり座」も見られるだろう。

[周辺の星座]

北の星野

M101は長時間露光できるシステムや超高感度撮影ができるカメラで焦点距離300mm以上で狙えば条件次第で渦巻き星雲を写すことが出来るかもしれない。

(M101は実視等級が9.6等なので目視では判断不可能)

関連記事

ウィキペディア M101

アストロアーツ M101


しぶんぎ座流星雨

しぶんぎ座流星雨は毎年ほぼ1月4日の明け方前に極大期(1時間辺り45個)を迎える流星雨(群)

夜空が良く見える所なら1月3日の深夜0時辺りから流星の数が増えだし時間辺り20個~30個と見込まれている。

しぶんぎ座流星雨に限らないが流星雨は地球が塵や隕石レベルの小惑星が多い範囲に突入するための天体現象。

地球の公転によって、たまたま1月4日前後に「しぶんぎ座」の方向を中心に流れ星が多数みられるのであって「しぶんぎ座」から何かが飛んで来るわけではない。

そのためしぶんぎ座の周辺一帯を広く観望した方が流れ星を見る確率が増える。

関連記事

流星電波観測国際プロジェクト しぶんぎ座流星群(SSL化非対応のためリンクアウト)

ウィキペディア しぶんぎ座流星群


眺望に適した時間

1月4日と言えば中には仕事始めで長距離移動しなければ見られない人だと条件的に難しいだろう。

そこでお薦めなのが1月3日の深夜0時から4時。

ただし、いずれにせよ この時間帯は一日の中でも一番冷え込みやすい。

十分な防寒対策と観望後の休息が取れるようにした方が良い。

また2018年1月3日前後は、満月の月あかりが近いため けっして眺望に適しているとは言えない。

天気予報とも相談して、事前のロケーションハンティングなど確認を行っておいた方が良いだろう。

ちなみに「しぶんぎ座」は1月3日の0時に北北東と北東の間の地平線上に表われ南西方向へ向かって移動する。

1月3日の5時くらいでも天頂付近に至らず、北東の空に有るはずだ。


用意する機材

一般的なカメラ・レンズの組み合わせなら20mm~35mmの間でなるべく開放F値の明るいレンズがよい。

独断と偏見でお勧めするなら単焦点のレンズで開放F値がF2.8、暗くてもF4くらいが望ましい。

流星群を撮るなら三脚は普通の三脚でも良いが、なるべく重くがっちりした方が良い。

カメラがちゃちでも三脚にお金をかけた方が良いくらいだ。

冬場は特に風が強く急に吹きやすいのでカメラとレンズの方が重く大きいほど転倒のリスクが増える。

真っ暗な環境での転倒は機材の破損・紛失のリスクが高まり、実際に経験すると体だけでなく心も寒くなる。

どうしても軽い三脚を使わざるをえない場合は三脚のなるべく下の方にストーンバッグを使うかタオルや紐を利用して重たいものをくくりつけるなど工夫をした方が良いだろう。

[撮影条件]

ISO感度はISO1600

絞りは開放F値から1/3段でよいので絞る

(例えば開放F2.8のレンズならF3.2、開放F4ならF4.5)

シャッターはバルブ(B)

平均1時間に25個見えるとしてシャッターを30秒~1分前後開けたままにするくらいがよい。

露出時間が30秒前後経過し、流れ星が流れたと思ったらシャッターを閉じるくらいでも写っているはず。

日周運動(地球の自転)で星や星座が流れても焦点距離20mm~35mmなら多少の味わいになる(はず)

以上の条件は標高1000m前後で雲が無い場合なので条件が悪い場合はISO感度を上げる、露出時間を長くするなど変える必要がある。

その他にも光害について気を付けた方が良いが、その点については参考リンク先を参照。

合わせて読みたい記事

星野関連 BLOG内リンク>星・星野

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**