セグロセキレイは海外では珍しい鳥

2018年

セグロセキレイは河川や湖沼の近くで見かけるセキレイの仲間。

自然環境では河川の中流域に住むとされている。

日本ではありふれた野鳥の一種だが、海外では珍しいらしく この鳥を撮るために日本に訪れるバーダーもいるらしい。

今回は そんなセグロセキレイについて紹介。

セグロセキレイ

目次

基本情報

名前の由来

模様

食べ物

生態・性格

[基本情報]

名前:セグロセキレイ[背黒鶺鴒]

分類:スズメ目セキレイ科セキレイ属

全長:21cmでムクドリより一回り小さい

生息範囲:九州より北に留鳥として分布

生息地:平地から山地(1000~1700m)の河川や湖沼、都市公園の池などにいる

日本以外の生息範囲:日本のみ

目次へ戻る

[名前の由来]

セキレイは「背が綺麗」から来ていると言われる。

本種は背中が黒い事が由来だが、仲間であるハクセキレイも背中は黒い。

どちらかというと顔に占める黒の割合が多いのが特徴。

ハクセキレイとの区別的意味で本種に「セグロ」を付けたのではないだろうか。

セグロセキレイ

目次へ戻る

[模様]

オス・メス同色

頭はオカッパもしくはヘルメットをかぶっているかのような黒色。

目・クチバシと眼下線から胸にかけてと背中・尾羽が黒い。

額と体下面、肩と風切りの間は白い。

足は明るい灰色。

セグロセキレイ

目次へ戻る

[食べる物]

主食は昆虫で河原で虫を突く様をよく見かける。

また飛びながら虫を捕獲する事もある。

セグロセキレイ

目次へ戻る

[生態・性格]

都市部の河川では100mの範囲内でキセキレイ・ハクセキレイなどと共存している様子を見かけるが縄張り争いのため互いに警戒し合っている。

ハクセキレイは比較的水辺から離れた場所にもいるが本種はあまり水辺から離れない。

またセキレイ全般に言えるが、歩くときは尾羽を上下に振りながらが多い。

都市部から離れた川では川の中流域の河原を主な行動場所にしている。

都市部では建物の隙間に営巣し、冬季は葦原などに集団でねぐらを取る。

警戒心はハクセキレイより強く、キセキレイより気持ち弱め。

普通に近づくと20m~30mほどの距離で飛んで逃げる。

また川の脇道を散歩していると40m~50mくらい離れていてこちらが気づかなくても、セキレイの方が気付くと飛び去る。

セグロセキレイ

飛び方は他のセキレイと同じで上下に波をうちながら飛ぶ。

また飛びながら「ジッジッ」とハクセキレイより濁った鳴き声をする。

目の周りの黒い範囲が広いため瞳の黒とのコントラストが得にくいためセキレイの中では目にジャスピンの写真が撮りにくい被写体でもある。

目次へ戻る

野鳥・鳥関連 BLOG内リンク>野鳥・鳥

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**