2017年10月末の相模原公園のフユザクラ

2018年

10月末に相模原公園に訪れたときの冬桜。

相模原公園の冬桜は駐車場から見て公園の中間地点辺りに数本並んでいる。

昨年より3週間ほど遅いようで、開花したばかり。

七分咲きになるのは11月中旬ぐらいだろうか。

引き(広角、または望遠で離れて)で撮るには花びらの数が少ないので この時はアップで狙う事にした。

[順光]

フユザクラ 順光

蕾が多い中で散った花もチラホラある。

冬桜は染井吉野などと同じく冬に咲くときは葉っぱが伸びずに花が咲く。

[半逆光]

フユザクラ 半逆光

フユザクラ 半逆光

[逆光]

フユザクラ 逆光

[日陰]

フユザクラ 日陰

フユザクラ 日陰

[咲き始め]

フユザクラ 日陰

咲き始めの花びらには紅色から桃色の斑(ふ)が入る(※1)

開花して時間が経つと斑は薄くなり白色に変わる。

周囲の樹の紅葉が進めば11月中旬頃には紅葉と桜の共演を撮る事が出来そうだ。

タイミングよく開花したばかりの花びらが多ければ桃色がかった桜と黄色や朱の紅葉を一緒に納められるだろう。

[余談]

個人的には見たことが無いが冬桜は4月にも開花するらしい。

4月の開花では葉っぱも一緒に伸びる様で この辺りは親株に当たる山桜の遺伝を引き継いでいるのだろう。

※1:コトバンク 斑入り

こちらのリンクもいかがですか>>>今年2017年は少し残念、そんなフユザクラを知る

花関連 BLOG内リンク>

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**