ヒガンバナ今年は例年より少し早め?

2017年

[写真少なめ]

近所で咲くヒガンバナは毎年 秋の彼岸の前後に満開になっていた。

今年2017年で言えば9月23日(土)の1週間前にポツポツ咲き始めて2,3日前辺りに7分咲きになり事実上満開になる。

ただ今年のヒガンバナは少し速めのような気がする。

写真は先の木曜9月14日に撮ったもの。

本家 赤いヒガンバナも満開とは言わないが5分咲きの様子。

速く咲いて愛でる事が出来るのは良いのだが、気になるのは今日本州を通過する台風18号。

台風が まだ遠くにいる段階でも秋雨前線に掛かり前線を刺激して既に関東でも警報が出ているくらい。

勢力が強く各地で被害を出さないかが心配される。

そんな台風の直撃を受けたら せっかく咲いたヒガンバナも開いたがために風のあおりを受けやすくなり倒れてしまわないか心配だ。

次の週末は彼岸。

できればヒガンバナが群生しているところに撮りに行きたいと思っているだけに安穏と できないでいる。

 

追申

今まで白いヒガンバナはショウキズイセンと思っていたが最近入手した図鑑によると、

シロバナマンジュシャゲ(白花曼珠沙華)、シロバナヒガンバナと呼ぶ品種らしい。

赤いヒガンバナと黄色いショウキズイセンを交配させてできた品種との事。

まぁ本家ヒガンバナ自体100を超える別名があるので亜種があれば それなりに名前や別名も増えていくのだろう。

ヒガンバナの仲間には他にも桃色のナツズイセンや橙色のキツネノカミソリなどがあり全般的には『リコリス』とも呼ばれる。

ただ個人的にはシロバナマンジュシャゲが好みだ。

赤いヒガンバナは少々毒々しく見え、ナツズイセンやキツネノカミソリは花の華やかさが少々足りないと感じてしまう。

 

一輪の花全体が花開く様も良いがアップで撮る咲き始めも好きで撮るようにしている。

花関連 BLOG内リンク>

** 今日も「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**

写真

Posted by photofess