キビタキの旅立ち前を撮れるか

2017年

[写真少なめ]

9月に入って そろそろ夏鳥は元居た東南アジアへ帰っていく季節。

森林の多い都市公園にいたキビタキも身支度を始めている頃だろうか。

秋を迎えてキビタキが好むミズキの実も実りを迎えている。

[ミズキの実 写真は綾瀬市蟹ヶ谷公園]

渡りの前に腹ごしらえするのに丁度良い季節。

神奈川県座間市にある谷戸山公園辺りに行けば そんな渡りの前の仕度に忙しいキビタキを見られるだろうか。

[上の写真は今年の初夏に谷戸山公園で撮ったもの]

谷戸山公園だとミズキの樹を見た記憶がないが同じミズキ科のクマノミズキやウワミズザクラの樹があって いずれもキビタキなどのヒタキ科の鳥が好む。

いずれの木の実も実りを迎えている頃。

個人的には先週末から体調がすぐれないのが難点、具合を見て谷戸山公園に行ってみようか迷うところだ。

 

 

追申

手持ちの「野鳥と木の実  ハンドブック」などを見てみるとミズキ、クマノミズキの実はヒタキ類だけでなくヒヨドリやムクドリ・イカルといったキビタキより一回りも二回りも大きい鳥も好むようだ。

実の取り合いになると キビタキは不利なのでヒヨドリなど大きめな鳥の動きも観察した方が良いかもしれない。

図鑑によるとキビタキがミズキの実を食するのは9月下旬となっている。

ただ今年は冷夏続きで秋の訪れも速そう。

こんな年はキビタキなどの夏鳥の渡りも速くなるのだろうか。

 

野鳥・鳥関連 BLOG内リンク>野鳥・鳥

*** 今日も「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。***