キバナコスモスが綺麗に見える季節

2017年

[写真少なめ]

キバナコスモスは5月頃から花を楽しめる花。

コスモス同様に秋の10月まで花を愛でられる。

初夏に見るキバナコスモスも良いが、個人的には今くらいの季節に見る方が綺麗に見える。

 

ちなみにコスモスの花言葉「繊細な心」「乙女の真心」に対してキバナコスモスは『野生美』

コスモスと比べて葉っぱも茎も一回り太く大きい事。

鮮やかで力強い黄色が由来だろうか。

 

寒さに弱い一面も見せ、霜が降りる時期の4月が終わってから咲き始める一方で暑さに強い。

そんな一面が夏の強い陽射しに負けない花の強さを見せてくれるのではないだろうか。

花びらもシベの色も強く鮮やかな橙で一見単調な色合いに見えるが花びらの形が複雑で陰影がつきやすい。

今ぐらいの時期だと残暑と秋の光りが混じってキバナコスモスの橙を引き立ててくれているかのよう。

キバナコスモスは正面から見ても綺麗な花だが個人的にはコスモス同様 後姿が美しい いわゆる「バックシャン」

そして育つ環境が整っていれば こぼれ種で毎年の様に咲き、ドンドンと数を増やしていく花。

群生している様も良いが正面・後姿と どこから見ても楽しめる花なので、道すがら夕方辺りの光りで気になった一輪を楽しむのも一考。

 

花関連 BLOG内リンク>

*** 今日も「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。***