星つながりでペンタスの花

2017年

[写真少なめ]

神奈川県大和市にある「ふれあいの森」の花壇に咲いている夏の花の一つがペンタス

花の特徴は五裂の星型をした小さな花が沢山集まっているところ。

名前の語源はギリシャ数字の5を意味する「ペンタ」からきている。

花言葉の一つに「願い事」があるが、「星に願いを」が由来しているのだろうか。

 

花色には白の他に赤味の系統が多い。

似た様な色だが微妙な色味の違いで赤、淡い赤、桃色、薄い紫、紫がある。

赤いペンタス

桃色のペンタス

薄紫のペンタス

群生して咲いているモノや花壇の中に咲く微妙な花の色の違いを楽しむのも良い。

ちなみに「ふれあいの森」に咲くペンタスは草丈が30cmほどと低く植え込みで仕切られた花壇の中に咲いている。

植え込み越しに手を伸ばして撮るのに丁度良い間合いで咲いている。

葉っぱの虫食いは比較的少ない花なので写真の被写体選びには それほど苦労しない。

綺麗に咲いている お気に入りの色のモノを見つけて花束のように咲いている綺麗な花姿を撮りたい。

 

追申

先日投稿した星野撮影がらみで今回はペンタスを取り上げたが、星野撮影するところにペンタスが咲いていれば夜空の星と地上の星のコラボレーションになる。

そんなに都合の良い場所があるかどうか分からないが、星野撮影のロケハンをするとき地上の星にも注意を払っておこうと思う。

花関連 BLOG内リンク>

*** 今日も「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。***