オナガが都市公園や町中で見られる季節

2018年

先の土曜日の蟹ヶ谷公園(神奈川県綾瀬市)

訪れた理由はキビタキが来ていないか確認のためだったがサエズリさえ聞こえず。

代わりにオナガが群れになっているのを見られた。

オナガは人影を感じて警戒すると「ゲーゲッゲッゲッ」濁った鳴き方をする。

群れをなしているときは連鎖反応の様に あちこちで「ゲーゲッゲッゲッ」、「ゲーゲッゲッゲッ」、「ゲーゲッゲッゲッ」とけたたましく鳴きながら場合によっては飛んで逃げていく。

おそらく仲間同士で連絡を取り合っているのだろう。

そのためか どのあたりにいるのか探すのは意外にたやすい。

20~30mほどの高木の上の方にいると写真は難しいが、日陰などで暫く待っていると餌を求めて地上付近に降りてくるので助かる。


蟹ヶ谷公園での主な住処は公園から道を一つ挟んだ一部竹林の有る森のようだが餌を探す時は蟹ヶ谷公園側の方へ飛んでくる。

撮影するときは上記した通り、こちら(人影)を見つけると泣きわめき逃げていくのでオナガにストレスを掛けないようにするためにも日陰などで静かに待つようにしたい。

野鳥・鳥関連 BLOG内リンク>野鳥・鳥

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**