こども自然公園の鳥たちは今,そして今後

2018年

神奈川県横浜市旭区にある「こども自然公園」に行ってきた。

桜「染井吉野」の開花具合と野鳥の様子を見がてら自身の手術後のリハビリを兼ねて行ってきた。

一度に持つ荷物は5kg以内にすることをリハビリの条件にしたため、

カメラはPENTAX K-1。
レンズはSIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM+Kenko Pz-AF 2× TELEPLUS MC7>野鳥狙い

HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WRとタムロンSP AF 90mm F/2.8 MACRO[1:1](モデル72E)+軽量三脚>花狙い

いずれかのセットを持ち歩くようして撮影を楽しんだ。

野鳥で見ることができたのは

コジュケイ
キジバト
コサギ
アオジ
ガビチョウ
ウグイス
シジュウカラ
カケス
アオサギ
エナガ
ツグミ
シロハラ

時間は1時間半と決めて撮影したので、もっと時間が有れば

アカハラ
カワセミ
ヤマガラ
シメ
あたりも今の時期なら見られる筈だったが、まぁいいだろう

今回はシロハラとアオジを撮る事が出来たのでアオジの方を掲載しておく。

目の周りが緑色なのはメス。

オスは目の周りが黒い。

染井吉野が並木のように立っているあたりに沢山いて地上の餌を探し回っていた。

アオジは里山や都市公園に留まるモノ(留鳥)もあれば夏に山地(標高1000から1700m)へと移動する(漂鳥)モノもいる

暖かくなれば時期に数が減っていくことだろう。

これからの季節は夏鳥であるオオルリやキビタキが見られる筈だ。

昨年・一昨年はサエズリだけで、ここ「こども自然公園」では見る事すらできなかったので今年こそは!と思っている。

[PENTAX K-1+SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM+Kenko Pz-AF 2× TELEPLUS MC7]

野鳥・鳥関連 BLOG内リンク>野鳥・鳥

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**