メジロはアクロバティックな鳥だ

2018年

メジロは花の蜜を吸うのが好きな鳥の一種だ。

冬の寒い間でもツバキなどの蜜を吸い。

春になりアセビや梅が咲くと蜜を吸う。

春が進んで桜などの高い樹の花が芽吹くと、ひっきりなしに蜜を吸うため飛び回る様が見られる。

高い樹だと蜜を吸うときの格好が見られるので観察すると、気にぶら下がったり、そっくり返りながら蜜を吸っているのが分かる。

写真中央部を拡大(≒トリミング)してみると、

もう少しで頭を180°回すことになりそう。

続けて撮ってみると、

ぶら下がったまま、ほぼ180°頭が回転していてお腹の側と頭の天辺が同じ方を向いている。

体の柔軟性が高い。

これから咲く染井吉野、山桜、大島桜などでも似たような様を見る事が出来るだろう。

追申

身近な鳥で蜜を好む鳥には他にシジュウカラヒヨドリがいる。

シジュウカラはメジロと大きさが変わらないので喧嘩しないが、ヒヨドリの方は二回り以上大きい。

結果メジロはヒヨドリに追い立てられる事になる。

個人的にはヒヨドリが憎らしく思えてくるのだが、ありのままに撮りたいなら自然の摂理に従うのが筋と思うしかないのだろう。

[桜の蜜を吸うヒヨドリ]

野鳥・鳥関連 BLOG内リンク>野鳥・鳥

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**