ジョウビタキは頭が銀色のおじいさん?

冬になると町中や人家の周辺でも見られるジョウビタキ。

オスの頭が銀色であることが名前の由来だと言われている。

縄張り争いでスズメ大の小鳥の中では強い方。

今回は冬に見られるジョウビタキについて写真や動画を交えて紹介。

ジョウビタキ

目次

基本情報

名前の由来

模様

食べ物

生態・性格

[基本情報]

名前:ジョウビタキ[尉鶲]

分類:スズメ目ヒタキ科ジョウビタキ属

全長:14cm~15cmのスズメ大

生息範囲:冬鳥として日本全国に飛来する、北海道や長野では稀に繁殖する様子が見られる。

生息場所:住宅地、河川敷、都市公園、平地林、低山林に生息

日本以外の生息範囲:夏鳥として中国の一部・ロシアの極東部に、冬鳥として中国南部に生息

目次へ戻る

[名前の由来]

鳴き声が「ヒッヒッ」「カッカッ」と火打石を叩いている音に似ている=「火焚き」が転じたとする説。

和名が「尉鶲」で「尉」は御爺さんを、「鶲」は白髪頭・銀髪の翁(=やはり御爺さん)を意味するところからオスの頭が銀髪であることが由来とする説がある。

ジョウビタキ

目次へ戻る

[模様]

オス

頭部が銀色に見える灰色。

顔から喉にかけて・クチバシ・羽が黒い。

両翼に大きな白い斑があり目立つ。

上尾筒・体下面・尾羽は赤味が強い橙色で、尾羽中央は黒い。

クチバシと足は黒い。

メス

頭部から体上面が褐色で、体下面は色が淡い。

両翼にはオス同様に白い目立つ斑がある。

上尾筒から尾羽の橙色はオスよりも淡い。

オス同様にクチバシと足は黒い。

ジョウビタキ

目次へ戻る

[食べる物]

植物食・昆虫食で冬は地上で落ち葉をかき分けながら餌を探す。

木の実も好み、晩秋にマユミやピラカンサなどを食べる姿を見かける。

またフライングキャッチで虫を捕えることがある。

ジョウビタキ

目次へ戻る

[生態・性格]

比較的明るい開けた場所を好む。

同じく冬の寒い時期になると都市公園など平地林に飛来するルリビタキと縄張り争いをする。

力関係はジョウビタキの方が強いようだ。

ジョウビタキは縄張り意識が強く相手を100m以上に渡って追いかけまわす。

またカーブミラーなどに写った自分に攻撃を仕掛ける姿も見かける。

また、冬場はジョウビタキのオスとメスでも縄張りを争う。

ただし、初夏が近づくと つがいになって渡りをするようだ。

オス・メス共に止まっているときは地上でも樹上でも尾羽をお腹側に間隔を開けながら振るわせる。

目次へ戻る

YouTube

[羽ばたきとサエズリ]

[Powed by filmora]

[バッタを食す]

[Powed by filmora]

目次へ戻る

BLOG内『野鳥図鑑』>『野鳥のしおり』へ

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**