トモエガモは絶滅危惧II類(レッドデータ)の貴重種

2018年

トモエガモは全長40cmほどでカモの仲間では小さい方。

夏はユーラシア大陸にいて冬になると日本の本州から南に飛来する冬鳥。

稀に日本海側に数百羽で飛来するが、ほとんどは1・2羽から10羽程度で飛来する。

多くの場合は別のカモの群れに混じって湖沼や池で過ごす。

今回は、そんなトモエガモについて写真や動画をまじえて紹介。

トモエガモ

目次

基本情報

名前の由来

模様

食べ物

生態・性格

動画

[基本情報]

名前:トモエガモ[巴鴨]

分類:カモ目カモ科マガモ属

全長:40cmでハトより大きい

生息範囲:主に淡水域の湖沼や池・湿地にいる

生息地:本州より南に冬鳥として飛来する

日本以外の生息範囲:夏はユーラシア大陸の北東部に冬は東南アジアの一部に飛来する

トモエガモ

目次へ戻る

[名前の由来]

オスの顔に緑と黄色で巴の模様がある事。

カモの由来は諸説あるが、「浮ぶ鳥」「浮む鳥」を意味する「カモドリ」が略され他とする説。

水の中で足を掻きもがく「カキモガク」の略で「カモ」になったとする説。

やかましく鳴くが「やかましい」「かまびすしい」を意味する「かま」が変化したとする説がある。

トモエガモ

目次へ戻る

[模様]

オス

顔は緑色黄色黒からなる巴模様。

クチバシの基部から後頭にかけて白い線がある。

胸はやや赤みを帯びて黒い斑がある。

胸の脇には白い縦線。

体上面は褐色で肩羽根が脇まで垂れ下がっている。

脇は灰色で下尾筒は黒い。

トモエガモ

メス

全身褐色で頬は白い。

クチバシの基部に小さな白い斑があり胸から脇にかけて黒い鱗模様がある。

類似種のコガモのメスは顔に目立った斑が無い。

目次へ戻る

[食べる物]

植物食、昆虫食

夕方に田んぼに飛びイネ科の植物を食べる。

また水上でアメンボなどの水生昆虫を食べる水面採餌型。

トモエガモ

目次へ戻る

[生態・性格]

全長が40cmと小型で全長38cmのコガモの群に混じることが多く見分けが付きにくい。

また自分より二回りも大きいカルガモやマガモの群れに混じることもある。

[↓↓↓写真中央の一羽がトモエガモ]

トモエガモ

日中は主に影がある場所で休み、早朝や夕方ごろに活動する。

オスの鳴き声は「ウルップ」「ウルルップ」と早口でなく。

またオス・メス共に「ククク」「グググ」と小さな声でなくことがある。

マブタの色は黄色みのある白。

そのためパッと見には目を閉じていても目を開けているかのように見える。

[↓↓↓目を閉じている]

トモエガモ

[↓↓↓目を開けている]

トモエガモ

これは他のカモ同様に寝ているときに捕食者に襲われにくいように進化したと思われる。

トモエガモは日本の環境省が判定している「絶滅危惧II類」に該当する。

絶滅の度合いとしては完全絶滅より六段階目ではあるが絶滅の危険が増大している種と言う扱いになる。

目次へ戻る

動画

マガモ・カルガモ・コガモの群れに混じって たった一羽で佇むトモエガモ。

泳いでいるシーンや羽づくろいするシーン。

それと寝ながらよろけるシーンをナレーション付きで解説。

目次へ戻る


野鳥・鳥関連 BLOG内リンク>野鳥・鳥

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**