アカハラは愛嬌のあるサエズリが美しい漂鳥

2018年

アカハラはツグミの仲間で早朝や夕暮れ時に美しい音色でさえずる。

冬場の日中の多くは地面の近くで枯れ葉をかき分けながら餌を探す。

また、アカハラに限らずツグミの仲間全般に言えるが、ピョンピョンと飛び跳ねながら移動する様子を見られる。

個人的にはツグミの仲間の中では最も人懐こい鳥だと感じる。

そんな愛嬌のあるアカハラについて写真と餌を探る動画を交えて紹介。

アカハラ

目次

基本情報

名前の由来

模様

食べ物

生態・性格

アカハラ

[基本情報]

名前:アカハラ[赤腹]

分類:スズメ目ヒタキ科ツグミ属

全長:24cmのムクドリ大

生息範囲:夏 暖かい地方では山地(1000~1700m)や亜高山帯(1700~2300m)。

冬は平地・都市公園・里山(~1000m)などで見られる。

生息地:関東・近畿・中国地方・四国・九州・南西諸島では漂鳥。

北海道・東北・東海・北陸では夏鳥。

北海道では夏に平地で見られる。

アカハラ

目次へ戻る

[名前の由来]

名前の通り、お腹が赤いことが由来。

(正確には赤ではなく橙色)

アカハラ

目次へ戻る

[模様]

オス

クチバシの上側から頭を通って尾羽までオリーブ褐色。

クチバシの下側は橙色。

顔は黒っぽい。

目の周り(アイリング)は黄色で、目の前側と後ろ側に小さな白い点状の班がある。

アカハラ

胸から脇は橙で、腹の中央から下尾筒まで白い。

アカハラ

メス

稀に不明瞭な白い眉班がある。

また、頭はオスに比べて褐色気味で色が浅め。

目次へ戻る

[食べる物]

植物、昆虫やミミズなどの小動物。

アカハラ

目次へ戻る

[生態・性格]

陽が昇る前の早朝や夕暮れ時に樹の天辺付近に止まりさえずる。

サエズリは「キャララン キャララン ツリリ」と美しく、山で聞くとさえずりがコダマして美しい。

羽ばたきが達者だが、おなじくらい歩いたりピョコピョコ飛び跳ねるのも得意。

餌を探す時はクチバシで落ち葉をかき分けながら歩き、少し離れた場所への移動や人影を見て逃げる時は まずピョコピョコと跳ねながら遠ざかる。

秋の渡りの時期は群で移動するが、渡りと繁殖期以外は単独で行動することが多い。

仲間のツグミやシロハラより比較的見ることは稀。

個人的にはツグミやシロハラより間合いを詰めやすく割と人懐こい性格に見える。

[↓↓↓枯れ葉を ひたすら どけて小動物や木の実・虫を探すアカハラ]

[Powed by filmora]

陽が昇ってから林の中の少し明るいところでガサガサと音がしたらアカハラが餌を探しているかもしれない。

目次へ戻る

野鳥・鳥関連 BLOG内リンク>野鳥・鳥

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**