染井吉野を大事に、いつまでも桜を青空の下で撮りたい!

2018年

ニュース

タイトルでは染井吉野と銘打ったが染井吉野だけでなく静岡県河津町の河津川沿いに植えられた800本の河津桜にも危機が迫っていると言う。

染井吉野と河津桜の問題は特定の場所・地域だけの問題でなく今後 幾つかの桜の名所が様変わりする可能性を示唆している。

今回は数年前に騒がれて最近なりを潜めている染井吉野の問題と河津桜に注目して、桜に迫る危機について紹介してみたい。

染井吉野

春になり蕾が紅く膨らんでパッと咲きサッと散る。

花が散った後に葉っぱが伸びて緑色に染まる。

そんな染井吉野の寿命は60年ほどと言われている。

大島桜の株に江戸彼岸(桜)を接ぎ木して出来たのが染井吉野。

そして全国で見られる染井吉野は全て研究調査の結果、上野恩賜公園の染井吉野のクローンとみられている。

(染井吉野はタネが出来ない、そのため挿し木や接ぎ木でしか作れない)

染井吉野の問題点

1)成長するにつれ幹の中心が空洞化し、内部から朽ちやすくなる

2)剪定に弱く切り口が水にさらされると腐りやすい

3)全ての染井吉野がクローンのため病気が広がりやすい

4)クローンのため同時期に植樹されたものは一斉に寿命を迎える。

5)根と枝が幅広く広がる特徴があり街路樹として向かない

(歩道や道路の確保に根の広がりがあだになり、枝の広がりが花びらが散ったり落葉によってスリップ事故が起きやすい)

対策

現在、点検し倒木の恐れがあるものについては代替え樹木に置き換え初めている

代替え樹木として2品種「コマツオトメ」と「ジンダイアケボノ」が用いられている。

コマツオトメは染井吉野の近縁でエドヒガン系の桜。

ジンダイアケボノは米国に寄贈された染井吉野と米国の桜の交配雑種を逆に持ち込んだもの。

いずれも染井吉野よりも桃色が濃いと言う。

関連記事

産経ニュース 桜の王者「ソメイヨシノ」 見えてきた起源、クローンの弱点も

tenki.jp ソメイヨシノの“寿命60年説”ってホント? 代表的な桜ながら誕生してまだ100年の真偽とは?

ウィキペディア コマツオトメ

ウィキペディア ジンダイアケボノ

河津川の河津桜

まだ肌寒い日が続き、染井吉野が咲くのが待ち遠しい頃に速めに開花する河津桜。

特に有名な場所は前述の通り河津川沿いに咲く800本の河津桜。

その有名な景勝地が今後見られなくなる、良くても様変わりする可能性がある。

この問題は河津川だけに留まらず、全国の河川沿いに植えられた桜全般にもおよぶ問題になりえる。

河津川の問題点

1)河津桜が高齢化し、植え替えの時期が迫っているものが多くなっている

2)平成11年度に新たに施行された法令により簡単に植え替えが出来ない

問題の詳細

一番の問題は新たな法令によって事実上植え替えができないことにある。

(詳細は関連記事のPDFファイル参照)

法令をかいつまんでみると、

1)堤防を決壊させないため根が広がっていて倒木の可能性がある樹木については伐採を推奨している

2)新たに植樹する場合は、根が河川管理道=歩道・道路側(川側)の入らない様にスペースを取る

3)スペースが撮れない場合は、川の反対側に盛土をして樹木の根が河川管理道に影響を与えない様にする

河津町の場合は桜並木の下、河川管理道は歩道で川の反対側は一般道路または民家や施設と言った構成になっている。

新たに盛土をするには4kmに渡って道路の移設や住宅の移転を必要とし短期に施工しようにも現実的には不可能と思われる。

以上の事から老木は徐々に倒木の対象になり桜の木が減っていくことになりえる。

(河津町では地方自治体や組織と市民により桜の管理・監視を強化して桜の延命を図っている)

関連記事

TBSラジオ 河津桜も〝高齢化〟 川沿い800本の世代交代どうする?

第2回河津川流域委員会:資料4-1(平成20年11月) 二級河川河津川における 河津桜維持管理指針 (PDFファイル)

独り言

河津町の例のように河川の治水を守ることは重要。

温暖化の影響などで局地的な豪雨が起こり地域の維持が出来なければ景勝地もへったくれもない。

ただ、そうは言っても治水だけを優先し倒木を進めるよりは、景勝地が残せるものなら残せたほうが観光者にとっても地域にとってもよいはず。

そのためにも桜の根は踏まない事。

桜の根を踏むと それは桜にとってストレスになり寿命を速める行為につながる。

また、枝を故意に折る行為は言語道断。

いつまでも馴染みのある開花風景を愛でるためにも 今ある桜を大切に思う心を持つ事が重要だ。

染井吉野

追申

桜は晴れた空が似合う花の一つ。

できれば快晴の空の下で例年通り咲く姿を撮り続けたい。

花関連 BLOG内リンク>

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**