自動運転でダイムラーとボッシュが手を組む

2018年

カテゴリーがニュースでありながら少し古い話になる。

ダイムラーとボッシュは2017年4月4日に自動運転の開発を共同で行うと発表した。

2020年をメドにレベル4[完全自動運転]とレベル5[運転手が要らない車の量産]を目指す。
市場として考えているのはタクシー業界。

運転手不要で集客できるシステムをターゲットにしているようだ。

追申

丁度1年前にトヨタ自動車や日産自動車、ホンダなどの自動車大手6社は高精度の3次元地図など自動車の自動運転に必要な8分野で共同研究を始めた

また2017年初めにはNVIDIAとアウディが共同開発したAI自動運転車「Audi Q7」がレベル3[基本的にシステムが運転し必要に応じて運転手が操作する]とは言え試乗車が世に出ている。

NVIDIAは3月に今回話題に上ったBOSCHともAI自動運転システムを共同開発に動き出したばかりだった。

[個人的な意見]

今後は自動車メーカーが独自で開発するか、今回の様に元々異業種であったモノ同士や同業者で手を組むか、それともAIを得意とするIT関連会社がプロバイダーとして自動車メーカーにシステムを供給するか選択を迫られる時代になるだろう。

関連記事

BOSCH モビリティソリューションズ

日経電子版 ダイムラーとボッシュ、完全自動運転車の開発で提携

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**