皆既月食に注意信号、2018年1月31日は晴れて撮影できるか?

2019年

2018年1月31日は約3年ぶりの皆既月食。

皆既月食は月が太陽に対して完全に地球の影に入るため起きる天体ショー。

今回はブルームーン(※1)と重なる皆既月食という事もあり注目を集めている。

ただ1月31日から2月1日にかけて南岸低気圧が太平洋側に迫ることもあり全国的に曇りから雪か雨の予報。

観望に危険信号がともっているが晴れた場合に備えて情報を整理してみる。

※1:ブルームーン:ひと月に2回満月が来る事、青味がかって月が見える事

目次

月食の日時

見える方角

見え方

写真撮影

月食の日時

部分色開始:  1月31日 20時48分

皆既月食始まり:     21時51分

皆既月食最大:      22時30分

皆既月食終わり:     23時 8分

部分色終わり: 2月 1日  0時11分

関連記事

Stella Theater Web 1月31日 21時51分の星図

Stella Theater Web 1月31日 23時 8分の星図

見える方角

部分色開始:   東南東の空

皆既月食始まり: 南東の空

皆既月食最大:  南東と南南東の間の空

皆既月食終わり: 南南東の空

部分色終わり:  南の空

どの様に見えるのか

部分色開始:  白色からクリーム色

皆既月食始まり:赤銅(しゃくどう)色

皆既月食最大: 赤銅色

皆既月食終わり:赤銅色

部分色終わり: クリーム色から白色

写真撮影

画面上に月を ほどほどの大きさで写すなら用意するレンズはAPS-Cで300mm~500mm、フルサイズで500mm~800mmはほしい。

三脚は必須で出来るだけ重くがっちりしたものが望ましい。

満月や部分色の時はISO100で絞りF8のときにシャッター1/125秒前後が適正露出(※1)

(皆既月食中はシャッターを最大で8秒前後にする)

ビル街の中や外灯近くは無理があるとしても街の明かりがある中でも比較的写せる。

一番の問題は9時ごろから翌日未明まで南東から南の空が晴れてくれるかだろう。

※1:撮影環境・条件により多少前後する。

絞りをF5.6にすればシャッターは1/250秒~4秒と比較的速めに切れるが絞り開放がF5.6くらいのレンズを使う人がほとんどだろう。

レンズの解像度を良くし周辺部の色滲みを減らすため絞りを少しでも絞った方が良い。

キットレンズなどなら出来れば1段絞ってF8くらいに絞って撮りたい。

[↓↓↓参考写真:フルサイズ・焦点距離700mmノートリミング≒APS-C・焦点距離500mm相当]

半月

関連記事

AstroArts 2018年1月31日 皆既月食

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**