痛くてたまらない四十肩・五十肩の症状と治し方

肩に少し違和感があっても何となく放っておいて いつの間にか激痛に変わる。

そんな四十肩の症状や治し方を紹介。

筆者は現役の四十肩。

発症したのは五十歳を過ぎてからだった。

四十代の時は肩が痛くて腕が上がらないという経験はなく、力自慢だった事もあり自分には無縁のものとタカをくくっていた。

そんな矢先に車をバックさせようと後ろを向こうとすると何故か腰より右肩が痛い。

でも少し肩や腕を回すと治まる。

気のせいかと放っておいたら数週間後に両肩が痛くなり腕も上がらなくなった。

それまでは運動らしい運動はせずに過ごしてきた。

でも そこからすぐに対処をした事で今では少々違和感を持ちながらも腕をあげることはできるし日常正確に大きな支障はない。

日に日に改善していくのも体感できるほど分かるようになった。

以下にそんな四十肩のメカニズムや対処法を示してみる。

目次

四十肩とは(五十肩と違うのか)

四十肩の症状

四十肩のメカニズム

四十肩に似た症状

四十肩の治し方

健康で暮らすために

四十肩とは(五十肩と違うのか)

一般に言われている四十肩と五十肩は同じ事を指す。

昔は五十肩と言う言葉しかなく、実際五十代以上の人がなる症状だった。

それが今は四十代でも発症する人が増え最初のうちは医師らに五十肩と告げられた。

四十代にも関わらず五十肩と言われ続けることに忖度(そんたく)し「四十肩」と呼ぶうごきが起こり今に至った。

※以上のことから以下の文中では「四十肩」に統一します

四十肩の症状

初期症状は腕をあげたり、横になって寝ているときに頬杖をついたときに肩に違和感がある。

放置すると速ければ数週間後には何もしていなくても、肩に違和感や痛みが走るようになる。

さらに放置すると腕を上げた時に激痛が走り、場合によっては腕が上がらなくなる。

着替えをするのもままならなくなる。

椅子に座って少し離れた物を取ろうとすると痛みが走るなど症状は様々。

また六十代になってから発症した場合は関節が変形しやすい事もあり、腕が震えて じっとしていることもままならなくなる例もある。

ちなみに利き腕や酷使の度合いと関係なく左右の肩で起きる。

四十肩のメカニズム

肩にある三角形の形をした肩甲骨は腱と筋肉によって他の骨とつながっている。

ところが肘や膝といった関節と違い軟骨組織が少ない。

ほとんどの動きを腱や筋肉が受け持っていると言っても過言ではない。

要するに他の関節よりも腱や筋肉が負担する割合が多い事を意味する。

肩こりは筋肉疲労だが、四十肩は腱や筋肉の炎症によって起きる。

その原因は幾つか考えられるが「運動不足」「ストレス過多」「生活習慣」が三大要素と言われている。

これらが影響を与えるものは「血行不良」

血液の流れが悪ければ栄養も酸素も供給されず肩周りの腱や筋肉は修復できない状態に陥る。

痛くて肩が動かせなくなると ますます血行不良になり悪循環になる。

四十肩に似た症状

四十肩の場合は余程悪化していない限り、少しずつでも肩を動かす事で痛みが緩和する。

軽い運動をできる様になれば速ければ数ヶ月、長くても1年半ほどで改善する。

(筆者の場合は少しずつ肩を動かし今では朝起きたらラジオ体操を行う事で1カ月程度で劇的に改善した)

今の治療方法を続けていて1カ月経っても改善しない場合は治療法があっていないか別の症状を疑った方が良い。

特に肩を動かしても改善しない場合は まずは整形外科を受診する事をお勧めする。(※1)

参考のため以下に四十肩に似た受診が必須の症状を紹介する。

※1:整形外科を受診して痛み止めや(麻酔)注射によって痛みが和らいだとしても それは治っているわけではなく誤魔化しているだけ。

最終的に自身で体を動かして治すことが一番。

リウマチ

痛みと同時に腫れやこわばり

痛風

肩を動かさなくても痛む。

腱痛損傷

腱が完全または不完全に断裂。

動かしても回復しない。

変形性間接症

加齢や肥満ケガなどで骨が変形したり軟骨がすり減る。

肩より体重がかかる膝に多い。

四十肩の治し方

四十肩だと分かったら やるべき目標は一つ。

『肩周りを動かす事』

ただし最初のうちは かなり痛い筈なので、まずは「睡眠不足」「偏った食事」「血行不良を招く様なストレス生活習慣」など思いつくものを改善する。

そして初期・緩和期・治療期の大きく分けて三段階で肩周りを動かすように心がけると良い。

お風呂に入るときは肩まで浸かって温め血行を良くする。

また夜寝る時は肩が布団から出て冷やさないように毛布やタオルケットなどをつかってケアをする。

初期

痛みが和らいだら初めの頃の運動は少し肩を上下させるくらいが良い。

痛みを緩和しながら少しずつ動かす範囲を大きくしていく。

緩和期

お風呂の中でゆっくり腕を上下させたり左右に振ったりする。

くれぐれも動きはゆっくりで動かし始めの時より痛みが増すようなら止める。

首を前・後ろ、右・左と傾けたり、ねじる様に右・左と動かす。

お風呂での運動で痛みが緩和してきたら、肩を回す運動をゆっくりでかまわないので1日3回一度に1,2分くらい行う。

下半身を固定するイメージで上半身を右・左にねじる運動も加える。

※四十肩は肩周りの血行が改善する事で良い方向に向かう。

そのため肩だけでなく肩につながっている体の部分も合わせて血行改善する事が重要。

治療期

ここまできたらラジオ体操が一番。

余談だが、ラジオ体操の起源は国の健康保険料削減。

要するに国民全員 老若男女が健康になれば病院にかかる事が減り結果健康保険料の使用が減ることが目的だった。

そのためラジオ体操は非常に効率良く体の柔軟と基礎代謝を向上させるための筋力アップをできるように考えられている。

ラジオ体操第一だけでも良いが四十肩に効くのはラジオ体操第二の方が効果的。

参考

ラジオ体操のYoutubeリンク

[ラジオ体操第一]

[ラジオ体操第二]

二つの体操を合わせても6分と少々。

朝起きたら歯を磨いてラジオ体操を二つこなし合わせても10分。

これで健康が取り戻せて痛い思いをせずに済むなら安いものではないだろうか。

ちなみに柔軟な体は血管を若く保つとされている。

血管が老化すると様々な症状を悪化させる元になる。

体はつながっている。

四十肩が出たことは他の病気のサインでもあるかもしれない。

そのサインを見逃さない感度の良い体を取り戻すためにも適度な運動は質の良い生活のためにも意味が有る。

健康で暮らすために

ネット全盛の社会でスマホが有ればいつでもどこでも情報を入手できる時代。

スマホやネットの普及によって人とのつながりも それらの情報端末でほとんどを済ませられる世の中になった。

多くの人にとって楽しんでやっていることが実は体にはストレスになっている。

若いうちは基礎体力や成長の伸びしろがあるので表面化しないだけ。

同じ姿勢や同じ動作は確実に体の機能をむしばんでいく。

1日ラジオ体操2本で約6分、嫌ならラジオ体操1本で3分だけでも健康を取り戻しませんか。

** 「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**