NHK BS「あなたにも幽霊が見える!?&パワースポットの真実」

2017年

8月8日(火)の夜5時半から1時間の番組でNHK BSプレミアム『幻解!超常ファイル 「あなたにも幽霊が見える!?&パワースポットの真実」』が放送される。

この番組は過去に2回放送されているモノの再々放送。

この「幻解!超常ファイル」はタイトルに「マボロシ」を「解く」と記されている通り怪奇現象をオドロオドロシク紹介した後で科学的に検証するエンターテイメント。

今回のテーマに関して公式ページでは、

幽霊はホントは「癒やし」?本物か偽物か?世界最初の「心霊写真裁判」の判決は?最新「幽霊の再現実験」とは?幽霊の正体に迫る!/東京パワースポットの知られざる裏話!

と紹介されている。

お盆間近の暑い夜長を少々ひんやり過ごさせようとのNHKの計らいだろう。

[独り言]

ちなみに私のオカルトに対する立ち位置は「完全否定しないが肯定もしない、面白おかしく楽しめればよくて、科学的に推論するのが好き」

霊魂の有無について私は分からない。

だが霊魂や幽霊が写真や動画に写るとは思えない。

たいていの場合 ハッキリと霊魂らしきモノが写っているモノは創作映像が多い。

頭や手足の一部が消失する写真は条件を合わせて体を動かしながらスローシャッターを切れば無くなる。

おどろおどろしい顔や体の一部が写りこんでいる写真は ほとんどの場合は実際に人や体の一部が写っているだけのものが多い。

言い方は荒っぽいが一般多数の人は と言うか ほとんどの人は写真を撮るときにファインダーなどの画面を見ていない(正確には視認していない)

撮ると決めた段階で脳の中に思い描いた映像の方に意識が集中し、構図の中に何が写りこんでいるか 周囲にいる人やモノが構図に入ってくる事がないかすら注意を払っていないことが多い。

結果 思いがけないモノが写っているので これは心霊写真ではないかと考える。

例外があるとしたら人間の視覚では捕えられないが近赤外線や近紫外線ならデジタルカメラで写すことができる

(携帯やスマホでよいがデジタルカメラでテレビのリモコンの適当なボタンを押しながら赤外線発信部を見ると紫色に発光しているのが分かる)

ただし その場合は紫色になる。

上にも書いたが私は魂の有無については分からない。

仮に魂が存在したとしても それが写真に写る事は有りえない。

魂が近赤外線や近紫外線を出しているなら話は別だが、それでも赤外線なら温かみを感じる事はあっても寒気は感じない。

紫外線なら長時間近くにいる事で日焼けをする。

まぁ幽霊話は暑い日に背筋をゾッとさせ冷涼を感じながら楽しむに限る。

[個人的な意見です]

超常現象 BLOG内リンク>タグ 「超常現象」

幻解!超常ファイル関連 BLOG内リンク>「幻解!超常ファイル」

** 今日も「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**