ジョブチューン「病気を予防する食べ物」をまとめた

2018年

先日放送された「ジョブチューン★名医たちがぶっちゃけ!病気を予防する食べ物」を見た。

内容は夏に向けての病気予防に特化した食べ物の紹介。

コンテンツ

免疫力アップ

シミ・シワ対策

冷え性

膝痛

骨粗しょう症

健康長寿

睡眠障害

老眼

番組内容

免疫力アップには「青じそ」

「青じそ」は6~9月が旬でビタミンEとβカロテンの含有量が多い。

前回のブッチャケで紹介された小松菜よりもビタミンEが4倍以上、ベータカロテンも3倍でβカロテンについてはニンジンの倍以上ある。

ニンジンと合わせて「かき揚げ」にすると油との相性が良い事で摂取しやすい。

1日20~30枚が望ましいが、1日当たり数枚ほどが目安。

コンテンツに戻る

シミ・シワには「シナモン」

シナモンに入っている「桂皮エキス」が有効。

1日の摂取目安は小さじ一杯 約1g。

妊婦や肝臓病を持っている人は摂取量について医師や薬剤師に相談するなど気を付ける必要がある。

シナモン+豆乳がお勧め。

コンテンツに戻る

冷え性には「スイカの皮」

スイカの皮に多く含まれる成分「シトルリン」が有効。

シトルリン800mgが摂取目安。

御勧めメニューは豚肉100gを加えるたスイカの皮200gのポン酢炒め。

もう一つはスイカの皮100gに擦り胡麻とチューブの生姜+麺つゆでスイカの皮の胡麻和え。

だがスイカ大玉の1/6個がシトルリン800mgに相当する。

コンテンツに戻る

膝痛には「生姜」

生姜に含まれている成分「ジンゲロール」が有効。

加熱すると成分が変化するが膝痛への効能は変わらない。

1日の摂取量は生姜 60g 乾燥生姜なら6gが摂取目安。

カレーや味噌汁に入れるのが御勧め。

コンテンツに戻る

骨粗しょう症には「レモン」

レモンに含まれるクエン酸が有効。

レモンを摂取しやすいものとして牛乳とレモンのラッシー(ドリンク)が御勧め。

牛乳・飲むヨーグルト各100ccにハチミツ大さじ1.5杯とレモン大さじ2

杯を混ぜる。

コンテンツに戻る

健康長寿には「寒天」

寒天の中の成分「食物繊維」が有効でゴボウの14倍。

食物繊維が豊富な食材による効果は肥満防止、便秘解消、血糖値の急上昇を防ぐ、悪玉コレステロールの減少。

1日の摂取目安は2g

寒天を水で15分ほど戻し水を切ってから ちぎって味噌汁に入れると食べやすい。

コンテンツに戻る

睡眠の質を高めるには「水出しの日本茶」

睡眠障害には入眠障害(床に入ってから2時間以上寝付けない)、中途覚醒(夜間2回以上目が覚める)、早期覚醒(起きる予定より2時間以上早く目が覚め覚醒してしまう状態)の3つがある。

これらのうち いずれかが週に2回以上で1ヶ月以上続いたら睡眠障害とみなされるという。

糖尿病、高血圧、うつ病の原因にもなるとの事。

この睡眠障害には日本茶に含まれる「テアニン」が有効

冷えた水で出すほど良いので氷水に日本茶のパックなどを入れるのが良い。

熱いお湯で煮だすとカテキン・カフェイン・も出る。

冷たい水だとテアニンとアルギニンは出るがカテキンとカフェインは出ない。

眠る1時間ほど前に1杯飲むと有効。

コンテンツに戻る

老眼には「ホウレンソウ」

老眼の問題は白内障のリスクが高くなる事。

ホウレンソウに含まれる成分「ルテイン」が有効

1日摂取量は6mgでホウレンソウなら2株。

ルテインの含有量はブロッコリーの5倍以上。

ルテインは油に溶けやすいのでツナとホウレンソウの油炒めなどが御勧め。

コンテンツに戻る

追申

私は夜間頻尿なので睡眠障害とも言える。

そして男性更年期障害のせいか足が冷える冷え性。

さらに風邪を引きやすいので免疫力を上げる食材には敏感だ。

また期外収縮(不整脈)が出ると息苦しくなりやすいのでアルコールやカフェインは控えている。

母親も持病もちで膝痛を抱えているので今回紹介されたものは一通り試してみようと思う。

コンテンツに戻る

持病関連 BLOG内リンク>持病

** 「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**