相模原公園で咲いていた桜

2018年

昨日、相模原公園へ行ってきた。

目的は鳥と花、そのなかでも特に梅と桜の様子を見るため。

桜は7本くらい七分咲き、5本くらいが咲き始めで立て札などによると寒桜と品種改良されたタマナワザクラとの事。

上の写真は七分咲きの寒桜。

下の写真は品種改良されているというタマナワザクラ。

いずれの桜にも花の蜜を好むメジロとヒヨドリが、やってきては蜜を吸い。

他の鳥を追い払って飛び去ったかと思うと戻ってきては、また蜜を吸い。

ヒヨドリなどは花粉でクチバシの先が黄色くなっていた。

追申

相模原公園は様々な花であふれているが残念なことに私的には引いて(広角・全景)撮りたいと思えない。

クローズアップ(接写・マクロ)なら申し分ないのだが・・・引きでは写欲が湧かない。

でも散歩しながら愛でる分には申し分ない公園の作りだ。

花関連 BLOG内リンク>

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**