写真

thamオキザリス

秋の寒くなり始める前後から咲き始め、翌年の初夏まで花が楽しめるオキザリス。

この花はカタバミ科の植物で生育旺盛で雑草のように育ち、花びらの艶が有って美しい。

そのため別名がハナカタバミと言う。

そん ...

写真

thamカルミア

カルミアはツツジ科の花の中でもドウダンやアセビの様に小さくなく、ツツジやシャクナゲの様に大きくない中間的なサイズの花を咲かせる。

カルミアの名前は北米で花を採取したスウェーデン人の植物学者のカルム(P.kalm 1715- ...

写真

thamハナカイドウ

ハナカイドウは桜が咲き終わるかどうかの頃に開花するバラ科の花。

花の色は紅色が目立つが、よく見ると白い花びらを濃い桃色が縁取っている。

また桜と同様に花柄(サクランボのつると同じもの)があって桜よりも長い。

写真

thamイスカ

山梨県河口湖町にある「西湖野鳥の森」

こちらでは年間を通じて色々な鳥が見られる。

2017年の11月中旬には冬鳥のイスカが来ていた。

イスカは日本全国へ冬に渡ってくる鳥(冬鳥)の中でもクチバシの形が ...

写真

キャッチ

神奈川県綾瀬市の蟹ヶ谷公園の冬はルリビタキ狙いのバーダーでにぎわう。

昨年から来るようになった固体が今シーズンも来てくれている。

公園は比較的小さめの公園だが管理をしている造園会社さんの手入れが行き届いている事 ...

写真

thamカリステモン

カリステモンの語源はギリシャ語の美しいを意味する「kallos」とオシベを意味する「stemon」に由来する。

和名は「金宝樹(キンポウジュ)」でフトモモ科の樹。

和名の由来は推測だがオシベの先端が黄色で一見金 ...

写真

キャッチ

ユキヤナギの「狂い咲き」

都市公園で野鳥撮影の合間に撮ったものだ。

ユキヤナギはいつもなら桜(染井吉野)が咲く前後に開花するバラ科の小さな可憐な花。

株立ちだが分類上は耐寒性落葉低木。

樹高は100c ...

写真

thamイソシギ

イソシギは和名で磯鷸と書くが海よりも河川の河口から中流域で通年見られる。

シギの仲間は ほとんどが春と秋に日本を経由して渡りをする旅鳥。

ただ その中に会ってイソシギは ほぼ年間を通して見られる。

...

写真

キャッチ

しぶんぎ座流星群は例年1月4日前後が極大期を迎える流星群(雨)

来年2018年の1月4日の深夜4時前後には極大を迎え時間辺り45個の流星を眺望できる見込み。

ただ月が満月で「しぶんぎ座」より先行する状況らしく光 ...

写真

キャッチ

近場の公園で今シーズンに入ってルリビタキを初観察できた。

昨年 この公園にいてルリビタキを追い回していたジョウビタキのオスが、今年は いなくなったため昨年見たものよりも活動的に見えた。

ただ公園内にいる野鳥の中 ...

写真

キャッチ

昨夜と今夜は2017年の「ふたご座流星雨(群)」の眺望の適期。

極大期は今日12月14日の午後4時だったらしいが、この時間はまだ陽が出ていたので いずれにしても眺望は無理。

そんな状況を知ったのは昨夜で、急きょ ...

写真

キャッチ

風景のメインで使っているPENTAX K-1や野鳥撮影で使っているcanon EOS-1DXの高感度撮影能力が高いため夏ごろから星野撮影にも取り組み始めた。

夏の大三角は何度かチャレンジしたが結果は・・・

11 ...

写真

thamセグロセキレイ

セグロセキレイは河川や湖沼の近くで見かけるセキレイの仲間。

自然環境では河川の中流域に住むとされている。

日本ではありふれた野鳥の一種だが、海外では珍しいらしく この鳥を撮るために日本に訪れるバーダーもいるらし ...