トラブル・事故防止のためにもドライブレコーダー:その選び方

2018年

2017年からニュースであおり運転関連のトラブルが取り上げられている。

転ばぬ先の杖でドライブレコーダーを購入する人も増えている様だ。

かくいう私も昨年2016年に一般道路で嫌がらせを受け、その抑止のためにドライブレコーダーを購入取り付けることにした。

ドライブレコーダーは安い物だと5千円前後からあり高い物だと8万円超えのものまである。

調べてみた感じでは安い物は画素数が少なく夏の日差しにも弱かったりする。

高い物は良いに決まっているだろうが どこまでお金を掛けるのが良いか迷うものだ。

そんなドライブレコーダーを選ぶときのポイントをまとめてみた。

[目次]

価格帯とレビュー(口コミ)のバランス

ドライブレコーダーを選ぶときのポイント

取り付け方法の違い

画素数

モニター

後方カメラは必要?

ドラレコ以外に用意した方が良い物

お薦め機種

コスパ最高お薦めドライブレコーダー

価格帯とレビュー(口コミ)のバランス

個人的には最低1万円以上で2万5千円以内くらいを狙うのが良さそうだ。

これからポータブルカーナビ購入も考えている人なら8~10万円のカーナビ一体型という選択肢もある。

ただ闇雲に高い物を狙うより自分の好みやレビュー(くちこみ)の数が多くて高得点なものを狙った方が良い。

ドライブレコーダーを選ぶときのポイント

取り付け方法の違い

大きく分けて「ルームミラー内蔵型」と「吸盤取り付け型」がある。

ルームミラー内臓型

バックミラーに取り付けてしまえば終わりで手軽。

ただし湾曲型ミラーを使い続けたい人には向かない。

また朝と夕方では人間の座高は数cm変わる。

ルームミラーの僅かな見え具合の差を気にする人には向かないかもしれない。

(個人的にはルームミラー内蔵型を使って朝夜車の運転をするが それほど気になったことは無い)

吸盤取り付け型

吸盤を使ってフロントガラスに取り付けて向きを調整すれば終わり。

ただポータブルカーナビやバックミラーに当たらくて視界の妨げにならない取り付け場所を探す必要が有る。

安い機種だと吸盤の能力が弱く、落ちてくるリスクもあるので評判・口コミをよく調べた方が良い。

画素数

「360°(全周)録画タイプ」や「ワイドタイプ」など幾つか種類があるがバランスが良いのは『視野角120°で200万画素前後』

360°録画だと800万画素(※1)ぐらいないと映像が荒すぎてナンバーの確認はほぼ出来ない。

側面衝突事故などを気にするとかタクシーなどのように車内トラブルの抑止を目的にする場合は必要になるだろう。

また稀に120°を超えた160~170°といった機種もあるが実際には角度が狭いか画素数が足りなくて荒い映像になる事が多いのでよく調べてから購入する事をお勧めする。

※1:多分市販品でこんなに高画素で安いドラレコはない。

モニター

極端な話しPCで各種設定可能でドライブレコーダーが確実に動いているならモニターはなくても良いはずだ。

でも人間の心理としてドライブレコーダーにモニターがついていて停車時に確認できる・運転中も動いている事が分かる方が安心できる。

どうせモニターがついているなら5インチ以上の大型の物の方が良い。

目的がドラレコの設定をするだけなら小さくても良いだろうが それでも4インチ程度は欲しい。

特にADAS(安全運転支援※2)がある場合は大型のモニターがついている方が見やすい。

※2:ADAS:安全運転支援は車線・外側線・中央線などを認識して車線逸脱や前方車両との距離が近すぎないかモニター表示や音で知らせる運転支援機能。

後方カメラは必要?

後方から煽られた経験がある人なら分かると思うが後方カメラはあった方が良い。

トラブルになるケースのほとんどでは後方で煽り、横に出て抜き去るケースがほとんど。

安い機種を2台購入して付けると言う方法もあるが記録データの時間を同期させる手間があるし、万が一の証拠データとしての時刻信頼性の点から前後カメラ付きの物の方が良いだろう。

ドラレコと一緒に用意する物・用意した方が良い物

ドライブレコーダーを買っただけでは使えない機種がほとんどでメモリーカードは必須、それに加えてステッカーも用意する事を勧める。

メモリーカード

ほとんどの機種はmicroSD(別名TF)カードが別売りになっている筈だ。

ほとんどの機種は32GBまで対応になっている。

またClass(クラス)10のカードを選ばないとデータの書き込みが追いつかず書き込みエラーになる可能性が高いので、安いものにすぐ飛びつかないで容量とクラスをしっかり確認した方が良い。

ステッカー

これは特に後方録画もできるドラレコならハッキリ後方に知らせるためにも貼っておいた方が事故やトラブルの抑止になる。

吸盤式・シール式・マグネット式がある。

カッコいい車に貼るのは気が引けるかもしれないが、転ばぬ先の杖と思うなら大き目で目立つものを付けた方が良いだろう。

個人的にはリアガラスすぐ下にシール式を1枚、リアガラス車内側の上の方に吸盤式を1枚貼っている。

後方録画ステッカー

これなら後方にいる乗用車から大型トラックまで録画していることを知らせられるだろう。

参考サイト

Yahoo!ショッピング:後方録画ステッカー

楽天市場:後方録画ステッカー

Amazon:後方録画ステッカー

お薦め機種

一番御勧めなのは自分が使っていて気にいっていることから「上海問屋で販売しているルームミラー型」

(次の項目で詳しく紹介)

それ以外の機種については半ば無責任に聞こえると思うが、個人の好みと懐事情で選ぶことをお勧めする。

参考サイト

googleショッピングリスト:ドライブレコーダー

(上のリンクはレビューのスコアが優秀な順に並んでいる、検索の都合上ドラレコ以外の周辺機器も掲載されているので御注意を)

コスパ最高お薦めドライブレコーダー

上海問屋のルームミラー型ドライブレコーダー

現在上海問屋の公式ページで売られているものは↓

DN-915203 後方録画対応 ルームミラー型ドライブレコーダー(2カメラ・前後・タッチパネル式)

送料無料(2018年8月26日現在)

ちなみに私が購入した時はタッチパネルではなくボタン操作でブルーガラスタイプだけだった。

ブルーガラスは使い始めは「少し暗いな」と思ったが、慣れてくると夜間運転時の後方のライトの眩しさが軽減したので逆に良かった。

この商品の良いところ

・ミラー一体型で取り付けに手間いらず。

リアカメラの接続はケーブル1本なので面倒なリアカメラ取り付けを後にしてフロンとカメラだけでも使える。

・後方カメラも100万画素あり一般多数の30万画素より解像度が良い。

日中なら問題なく後方車のナンバープレートが記録できている

・ADAS運転支援機能がある。

車線から外れると音で知らせてくれる。

また前方車両に近づきすぎても音を鳴らして知らせてくれる。

(走行速度に応じて音を鳴らすタイミングが変わってくれるのが素晴らしい)

・駐車監視機能がある。

10秒間だけだが駐車中でエンジンOFFでも衝撃が加わると動画記録してくれる。

・夏の炎天下の駐車でもブラックアウトが無い。

車体が明るめで室温上昇が抑え気味という事もあるだろうが中国製の時計などがブラックアウトするような温度でも問題なく起動する。

安いドラレコだと車内温度が下がるまで動かない機種もあると聞く。

・モニターサイズが5インチと大きいので運転中の確認や停車時の各種設定がしやすい

・破格の安さ

1万円を超えない。

32GB Class10のmicroSDを一緒に買っても税込み1万5千円程度ですぐ使える。

この安さでADAS運転支援や駐車監視機能などがあり後方カメラもある機種だと通常は安くても3~4万円はする。

注意点 (御愛嬌?)

説明書の内容と少し動きが違ったり、面倒な点が幾つかある。

(以下は現行のタッチパネルタイプと異なる場合があります)

・ADASのエラーが出るシチュエーションがある。

車線判断が難しいT字路・Y字路や右折専用車線の信号待ちで問題ない筈でもアラームが鳴る。

おそらく他の機種でも似た様なエラーがでると思われる。

・後方カメラの取り付けが面倒

外に付けるなら車体の隙間を上手く探すか穴を開ける必要が有る。

個人的には社内に付けられるようにブラケットを用意した。

後方カメラ用ブラケット

・駐車監視機能をON設定にしたら動かずOFF設定にしたら動いた。

中国製なので御愛嬌か?

・メモリーが一定の条件でデータフルになると「このストレージはいっぱいです(カードに書き込めません)」と表示され録画が止まる。

メモリーフル画面

どうやら「LOCK」データがいっぱいになると この表示が出るようだ。

遠出をする時など定期的にカードをフォーマットするようにしている。

・メモリーカードの出し入れが面倒

(下の写真で赤い矢印の先がカード出し入れ口)

microSDカード出し入れ口

ほとんどの車種でミラーを一度下向きに傾けないとカードの出し入れは出来ないだろう。

ただカードの出し入れをするケースは稀だと思うので 基本的には問題とは言えない。

・モニター表示は設定ボタンを押すたびに「前方メイン+後方ワイプ」「後方メイン+前方ワイプ」「前方のみ」「後方のみ」の順に切り替えられるが、一度エンジンを切ると「前方メイン+後方ワイプ」に戻ってしまう。

ドラレコのモニター

[余談]

・前方カメラの調整は公式ページや説明書で示されている上下左右の他に若干の回転が可能

私が購入した機種は初期設定で回転していたので回す事が出来て一安心。

前方カメラ可動範囲

[体験談]

今から1年と少し前 朝の通勤時間の事。

とある交差点手前を走行中に信号が黄色に変わり、赤になる前に通過できないと判断し、後方も確認した上で信号手前で停車した。

すると後方から けたたましいホーン。

信号が青に変わると交差点内側から抜こうとしてきたので危ないと思いスピードを緩めると その車はわざと後方へ下がる。

その後は交差点のたびに内側から抜こうとしたり直線車線で横に並んだりを繰り返す。

そうこう10分ほどしたところの交差点で無理やり左横に並んで来て、窓を開け悪態をついてきたが目も合わせず無視した。

信号が変わると私の前を通り過ぎ右へと曲がっていった。

朝の通勤時間でイライラしていたのかもしれないが こういった事に対抗するためにドライブレコーダーとステッカーを貼る事にすぐに購入した。


今から2ヶ月ほど前に例の場所の信号待ちで例の車が私の後ろに停車。

ジリジリと間合いを詰めてきて私の車の後方をしげしげと眺めている。

(多分「後方録画中ステッカー」と「ガラス越しに見えるリアカメラ」を見ていた)

信号が変わると何事も無く進む。

5分ほど走って前回くっついてきた交差点を私は左折、例の車は直進。

昨年は私を追いかけるために道を変えてまで10分ほど くっ付いてきていたようだ。

不快な思いをせずに過ごしたいものだが・・・『残念ながら この世は理不尽な世界である』

**「エントロピー増大の投稿」を御覧 頂きありがとうございます。**